やりたいこと=仕事、という思い込み

前回までの記事は、やりたいことができていない人の下記4つの分類のうち、1の人を対象にした記事を書きました。

1.そもそもやりたいことが分からない人
2.なんとなくやりたいことは分かっているができないと思っている人
3.ハッキリやりたいことが分かっているが行動まで到らない人
4.やりたいことをやっていてもうまくいかず続けられない人

今回の記事は1と2の人が対象ですが、私たちの多くが陥っている思い込みについて紹介します。

それは、「やりたいこと=仕事」だという思い込みです。

8b480b416690f5e6c507e17de1838ed4_s

これ、溝口あゆかさんのセミナー「あゆかの部屋」で、あゆかさんがおっしゃられたことです。
「やりたいことを仕事にしなければいけない」と思うと、すごくハードルが上がります。
別に仕事としてやりたいことをやったほうがいいというわけではありません。
自分の心の中心をやりたいことに置き、そのやりたいことをやることを邪魔しないような仕事を考えていくというやり方でも、心地よい生き方ができるんです。
たとえば、ボクの場合だと、夜と土日にカウンセリングをやって、平日は他の仕事をするパターンですね。その場合だと、やりたいことを邪魔しない条件としては、残業なし、土日出勤なし、副業可という条件が必須になるでしょう。
カウンセリングの場合はお金が発生しますが、たとえば、ある特定のアニメが好きで、そのアニメのファンサイトやブログを作ったり、ファンクラブの運営をしたりなど、お金にならない活動も当然アリです。むしろそっちのケースのほうが多いでしょうね。

ただ、どうしても、「やりたいことを仕事にしたい」という人は、そちらを選択しましょう。どっちを選ぶかはその人次第であり、どっちがいいかというわけではありません。どちらも一長一短ありますから。
もちろん、その折衷案の、当面は副業で小さくやっていって、のちのちは本業を目指すパターンも現実的ですね。

ボクはやりたいことを仕事にしたい派でした。でも、やりたいことを仕事にしなくても、やりたいことが生活の中心であれば、自分の中の心地よさは失われません。

あゆかさんは、セミナーでこんな感じでおっしゃっていました。
「やりたいことを仕事にしないと決めた場合には、私のハートはここにあるということをハッキリ自分の中で意識しながら、私のハートを大切にしながら、どういう仕事をしたら私のハートが邪魔されずに私の人生を持っていけるかを考えること…」

やりたいことを仕事にしなければいけないと思い込んでいる人が楽になれば幸いです。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら