100%自分原因説の嘘

先日の記事で、フィルター(投影)の話をしました。
私たちは自分のフィルターを通じて世界を見ているわけですから、自分がハッピーかアンハッピーかは自分次第なわけです。また、自分のフィルターも変えることができるわけですから、自分の世界は自分が作っていると言えるかもしれません。

カウンセリング系、自己啓発系、スピリチュアル系の専門家の中に、この「投影」を拡大解釈して、「すべての出来事は自分が作っている」と主張している人がいます。
ボクはこの意見すごく嫌いです。

c50-iya
あくまでもフィルターは「解釈」を生みだすものに過ぎません。
たとえば「今日、大雨が降っている」という事実があります。
今日はマラソン大会だったとして、走りたくない場合、「雨=ハッピー」と捉えます。
逆に今日は旅行で楽しみにしていた場合、「雨=アンハッピー」と捉えます。
フィルターによって、ある事実に対して、自分がハッピーかアンハッピーかが決まります。

でも、100%自分原因説は、事実までも自分の責任に変えます。
雨が降るというのは、自分の領域ではありません。自然の領域で、コントロールができません。
起こることに意味はまったくないんです。意味をつけているのがボクたちのフィルターなんです。
「誰かが死んだ」「フラれた」…それは単なる事実です。
そこに「解釈」が生まれるから苦しいんです。
ちなみに苦しいのが悪いことではないですからね。愛する人が亡くなったり、フラれたり、リストラされたらショックを受けるのは当たり前です。その苦しみからは避けられません。

「誰々が嫌い」などは、事実をフィルターで解釈しているわけです。
だから、嫌いに思うんです。
全員が全員その人を嫌いなわけではないですよね。あなたの嫌いな人は9割くらいの人から嫌われているかもしれませんが、その人を好きな人も必ず存在します。それは、フィルターが違うから解釈が違うんですね。

解釈は、それを生み出すフィルターによるので、フィルターを交換すれば解釈は変わります。解釈が変われば、当然その後の行動が変わりますから、現実も変わってきます。

でも、だからと言って、すべての現実は自分が作り出しているとは言えないわけです。
100%自分原因説、360度自分原因説は、これを拡大解釈しています。
すべての現実を自分で作り出しているとすれば、自分が世界の創造主となるわけです。
これは次のような弊害があります。

・コントロールできないことをコントロールしようとするので苦しみが発生する。
・ネガティブな出来事を自分の責任とするので自己嫌悪・自己批判に陥りやすい。
・自分がこの世界の創造主だとすると自我(エゴ)が強くなり、余計に投影が強くなる。

投影はあくまで「解釈」を生むものにすぎません。私たちは現実を創造する力があるわけではありません。
解釈は行動を変えるため、ポジティブな解釈がポジティブな現実を生む可能性は高くなりますが、その範囲には限界があります。望む現実が創造できるというレベルには到底ありません。
「思考が現実を創造する」という自己啓発の有名な言葉がありますが、この「現実」の範囲をどこまでとらえるかに誤解があるように思います。
すべての現実ではありません。あくまで現実の一部に過ぎません。
魔法のように現実が変わると思っていたらそれは地に足がついていない浮世離れした解釈と言わざるを得ません。そして、このことが余計に苦しみを生むことになるのです。
だから、ボクは100%自分原因説が嫌いなのです。

このへんの知識を詳しく知りたい方は著書「願いがかなわなくても幸せになれる」をお読みください。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

6 件のコメント

  • よっし~先生、はじめましてこんにちは。ここで言われていることに100%共感致します。
    心理学では、投影とは「フィルター」に過ぎないのですね。巷の精神世界系では、先生が弊害として書かれている3番目の傾向がとても強いです。どれも本人も気づいていない(自覚が全くない)状態なので、何事も自分の心で感じ、考えないことの責任がどれだけ大きいかということを考えさせられます。皆誰かの名言だとか教えに弱い気がします。自信がないぶん、他者の思想に染まって自分でない自分を演じている方が多いです。
    先生は、事実までも自分の責任に変える、という見方をされていますが、現実には100%自分の責任をなくす(つまり身の回りの出来事は全て自分の投影であり自分に責任があると言っておきながら、行動は逆あるいは別。責任回避の行動を取っている。)も多い、あるいはそちらの方が多いのではないかと(少なくとも精神世界系では)と思います。こちらのカウンセラーの方の記事に「自己のスプリッティング~投影同一視~」の説明があるのですが、こちらは正に他者を投影同一視することによって自分の(感情の)責任を放棄するやり方です。
    上記のような説では精神世界系(自己啓発含む)では「定説」になれないのか、自分中心の投影説に異を唱える先生の様な意見をほとんど目にしません。自分は探していたのですが、それほど皆さんは自分を見失ってしまうのが楽なのでしょうか。現実逃避の一言です。他人事ではないので、コメントだけでもさせて頂きました。このような場を皆さまの為に設けて下さいまして、ありがとうございます。

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    よっし~(西川佳宏) Reply:

    芳野さま

    はじめまして。よっし~こと西川佳宏と申します。
    コメントいただきありがとうございます。

    そして、共感していただいてとってもうれしいです。
    ありがとうございます。

    世間ではこういった考えが少数派で、あまり根拠なく引き寄せとか、間違った投影の解釈が広まっているので、その辺は啓蒙していきたいと思っています。

    というのが、このせいで逆に苦しんでいる方がたくさんおられるからです。

    芳野さまがおっしゃられるような精神世界系で投影を100%自分の責任にし、実際の行動は責任回避の行動をしている人も多いのでしょうね。

    そういう人は苦しいはずなので、いくら成功していても本人が癒されていない感じが伝わってくると思います。

    私は溝口あゆかさんという師匠に出会え、あゆかさんからベースとなる知識を教わったので、変な方向にどっぷり浸からなくてすんだのはラッキーでした。

    なので、できるだけ私も広めていきたいと思っています。

    応援コメントいただき、本当にうれしいです。
    ありがとうございます。

    よっし~(西川佳宏)

    返信

  • そうです。さすがお分かりになられるのですね。お察しのとおり、「癒されていない感じが伝わってくる」とはまさにそのとおりで、「何故自分はこれだけ良いことをやっているのに感謝しないんだ、何故自分を尊敬しないんだ」という態度が彼らの「正論」の影によく垣間見えます。いらだちや、悲しみという感情も見えます。それを隠す努力も含めて…
    本人は100%自分原因説(360度、おかしいですが現実この通りですね)を信奉することで、自分が正しいと信じているので、尚更気づくことがないのです。まさに、不幸です。
    先生は他者に共感されるのでこのようなことにも敏感でおられるのですね。

    よっし~先生が素直に喜ばれるのでこちらも嬉しくなりました。本当に先生のような「ラッキー」な方は少ないです。どんなに「引き寄せ」をやってもそれとは全く無関係です。(引き寄せも先生が話されている投影と同じ理屈で、フィルターを変えるように、自分が魅力的で良い人間になることで周りがその良い「周波数」(単に「人物」とも言えるかと)に引き寄せられ、環境が良くなるという以上の意味はなかったそうです)
    是非お仲間をこれからも増やし皆さまを助けられてください。

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    よっし~(西川佳宏) Reply:

    芳野さま

    さらなるエールを送っていただき、本当にうれしいです。

    ホント私はラッキーですね(^_^)/

    ありがとうございます。

    これからも心地よく自分らしく生きるために役立つ記事を書いていきます!
    よろしくお願いします。

    よっし~(西川佳宏)

    返信

  • このような記事を書いてくださり、ありがとうございます。

    長年病気で、内科の治療をはじめ、いろいろ試してもよくならず、辛くて、絶望しているときに、付き合いのあるセラピストから「病気は自分でつくりだしてるのよ」「薬を飲むことは、病院まかせにしていることで、病院も薬もだめ」と言われ、悲しくなりました。

    そのセラピストさんは、「すべてのことは自分がつくりだしてる」今不幸な人は、自分がすべて原因。「自分に100%責任を持つことでしか、本当の平安や希望は得られない」という信念を持たれており、他人にもその考えになってほしいようです。(自分がその考えで幸せになったから、他の人もその考えに変容させて、幸せにしてあげたいと思ってくれているんだと思いますが)

    でも、少なくとも今の私には、すべてが自分原因説は、辛い気分になり、救われません。

    この世の出来事は、自分がつくりだしてることと、宇宙が起こしていることなどがあり、人間の小さな頭でわからないことがあってもいいんだと
    思います。

    全部自分原因説より、できることをして、最終的には天におまかせする謙虚さも大事かと思います。

    引き寄せや全部自分原因説の弊害で苦しむ人が減るようにも含め、今後のご活躍をお祈り致します。

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    よっし~(西川佳宏) Reply:

    めぐみさま

    こんにちは。よっし~こと西川佳宏と申します。

    コメントをくださりありがとうございます。

    そのセラピストさんはめぐみさんのことを思って言っているのだと思いますし、正論な面もあると思いますが、めぐみさんにとって苦しみを生むようなら受け流すのも一つかと思います。

    同様に私のブログに書いてあることや私の意見も同じです。
    単なる一意見に過ぎません。

    仮に、そのセラピストさんの言うとおり、「病気は自分で作り出している」「薬を飲むことは病院任せにしている」のが正論であったとしても、じゃあ、どうやって病気を作ったのかは厳密には分からないはずです。
    分からないのにそう言われたって困るだけでしょう。

    また、病気になったら病院に通うのはある意味常識であり、そこを否定されても困ると思います。
    確かに精神面の不調では薬が効果を発揮しないケースが多いですが、普通はそんなことを知らないと思います。
    逆に薬で救われている人だっています。

    結局バランスの問題かなと思います。

    自己責任は大切だと思いますが、問題は実際には自分の責任ではない領域まで自己責任とすることで、無駄に自分を責めていることです。
    100%自分原因説はここに無理があります。

    逆に自己責任をまったく感じず、他者や環境のせいばかりにするのも、問題のすり替えに過ぎません。

    >この世の出来事は、自分がつくりだしてることと、宇宙が起こしていることなどがあり、人間の小さな頭でわからないことがあってもいいんだと思います。

    >全部自分原因説より、できることをして、最終的には天におまかせする謙虚さも大事かと思います。

    私も同様に思います。

    応援メッセージありがとうございました。
    大変勇気づけられました。
    ありがとうございます。

    よっし~(西川佳宏)

    返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    よっし~(西川佳宏)

    心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら