自分の欠点や欠陥を恐れるな

作者不詳のある物語を紹介します。
ジャネット・ルーアズ著「シンプルライフ シンプルラブ」(VOICE社)の中に載っていた物語です。


「ふたつの水瓶」

インドに水くみ男がいた。大きな水瓶を竿の両端にぶら下げて肩にかつぎ、毎日川でくんだ水を遠くの主人の家まで運ぶ。一方の水瓶にはヒビが入っていたが、もう一方は完璧で、川でくんだ水を残らず主人の家に届けることができた。ヒビの入った水瓶は、主人の家に着く頃には水が半分に減っていた。ヒビの入っていない水瓶は自分が仕事を完璧にこなしていることをいつも自慢していた。反対に、ヒビの入った水瓶は自分が半分の水しか届けられないことを恥ずかしく思っていた。
こうして二年が過ぎたある日、ヒビの入った水瓶は川のそばで水くみ男に話しかけた。

「まことにお恥ずかしいことです。申し訳ありません。お許しください」
「いったいどうしたのかね。何を許せと言っているんだね?」
「この二年間というもの、ヒビが入っているせいで水を半分しかご主人の家にお届けできませんでした。私のせいで、あなたは一生懸命お仕事をなさっているのに半分の成果しか上がりません。申し訳ありません」

それを聞いた水くみ男は水瓶を哀れに思って言った。

「これから主人の家に帰る道すがら、道ばたに咲く美しい花に目をとめてごらん」

ヒビの入った瓶は坂道を上りながら、明るい陽射しを受けて咲く美しい花に初めて気づいた。そのことでいくらか心が和んだが、それでもやはり水が半分に減っていることを恥じて、水くみ男にもう一度謝った。水くみ男は、

「花が咲いていたのはお前の側だけで、道の反対側には何もなかったのに気づいたかい? お前のヒビのことは前からわかっていたさ。だからそれを利用して、お前の側に花の種を植えたんだ。毎日川から戻ってくるたびに、お前は花に水をやったんだよ。この二年間というもの、おれはその花を摘んでご主人の家に飾ったんだ。お前にヒビが入っていなかったら、こうして花を摘むこともできなかっただろうよ」と言った。

私たちは誰にもユニークな欠陥がある。誰もがヒビの入った水瓶だ。だから自分の欠陥を怖れてはいけない。それを認めて、うまく利用すればよい。そうすればあなたも美しい花を咲かせられる。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら