うちの犬について

thum_image

セッションに来てくれたクライエントさんからこう言われることがあります。
「よっし~さんはブログの写真や文章で見るともっとキッチリした人かと思った」

会ってみるといい意味で柔らかく、受け入れやすいと言われます。
セラピスト仲間からは、「もったいない」と言われます(-_-;)

だから、たまには自分を知ってもらうためにプライベートのことも書こうかなと思います。
すごい苦手なので、本当にたま~にですけどね。

今日は、実家で飼っている犬(ミニチュアダックスフント)について書きます。
名前はジャッキーです。もう14歳と老犬になってしまいました。
昔はボクが家に帰ると、しっぽを振りながら仰向けになって喜んでいましたが、今はあまり気づいてくれなくなりました(>_<)

実はボクは犬が嫌いでした。どうしてかというと小さいころに犬に追いかけられて大泣きした記憶が2回あってトラウマになっていたからです。だから犬が恐かったんです。
実家で飼うときも、猛反対しました。「犬を飼うんだったらオレは出てく!」と宣言していました。
でも、弟がどうしても飼いたいというので、飼うことになり、ボクは反対していた手前、犬をかわいがるのはやめようと決めていました。
ところが、ボクはあまりのかわいさに、そんな決意はすぐに吹っ飛んでしまいました。
もう、ジャッキーがかわいくてかわいくて、赤ちゃんのようにかわいがっていました。
ええ、赤ちゃん言葉も使ってましたよ(-_-;)

ボクはそのころ広島の実家にいましたが、30歳のとき、転勤で東京に行くことになりました。
何が悲しかったかというと、ジャッキーと別れることでした。そんなことはおおっぴらに人には言えませんでしたが…。
ボクはゴールデンウィークと盆、正月は必ず実家に帰っていました。友達と会うことも楽しみですが、ジャッキーと会うことが楽しみで仕方がないんです。
東京にいるときもジャッキーのことをしょっちゅう考えていました。アホです。

今年のゴールデンウィークもジャッキーに会うために帰りました。ただ、今回、かなり弱ってるなぁと感じました。弟も帰っていたのですが、ジャッキーは弟のほうが好きみたいで、全然寄りついてもらえず、フラれた気分でした。でも、弟のほうがボクよりもジャッキーを好きな気持ちは強いみたいなので仕方がないですね。

犬って本当にいいなぁって思います。家族ですよね。とっても癒されます。
ボクはジャッキーにどれだけ癒されたかわかりません。感謝してもしきれないほど感謝してます。
まだまだ長生きしてね。

 

ちょうど1年前の写真。白髪でクロスになってます。

SONY DSC

 


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら