自分の欠点や弱さを受け入れる方法

ボクは強さの定義を、自分の欠点や弱さを受け入れることと定義しています。
強さとは負けないこと、逃げださないこと、がんばり抜くこと、他人よりも優位に立つこと、パワーがあること、揺るがないこと…などと以前は考えていましたが、そうじゃなかったと思っています。
定義は人それぞれですから、正しいも間違いもありません。

ボクは強さにあこがれがありました。腕っぷしの強い人にあこがれていました。昔はプロレスが好きでしたし、ボクシングや格闘技も好きでした。
今思うと、自分の弱さを抑圧していたから、強さにあこがれたと解釈しています。

20090704_1251132
無料オンラインセミナーの投影のところで詳しく説明しましたが、自分の弱さ、欠点、見たくないところを誰かに投影し、ポジティブ、ネガティブの感情が生じます。

じゃあ、自分の弱さや欠点を受け入れるためにはどうしたらいいのでしょうか?

いくつか方法がありますが、今日の記事ではその一つを紹介します。
それは、自分の弱さや欠点を誰かにさらけ出すことです。

さらけ出すにはとても勇気がいりますので、信頼できる人がいいです。
せっかく勇気を振り絞ってさらけ出したのに、そのことを軽蔑されたり、他人に伝えたりされたらトラウマになって逆効果になってしまいます。
だから、必ず受け止めてくれて、そのことを誰にもしゃべらないと確信できる親友や恋人、パートナー、きょうだいがいいですね。
そういう人がいなければ、カウンセラーがオススメです。職業としてやっているカウンセラーは守秘義務を徹底していますので(ここを破ったらもう仕事ができなくなる)とてもいいと思いますよ。
あるいは、悩みを分かち合えるようなグループを見つけて、そこで開示するのもいいでしょう。

自分がダメだと思っていること、いけないと思っていることを受け止めてもらえることで、自分の弱さや欠点を受け入れられるようになります。そんな自分でもいいんだって思えるようになります。
他人に受け入れてもらえ、共感してもらえるととってもうれしいんです。
だから、ボクはクライアントさんの味方でありたいなぁと思っています。

そして、受け入れてもらえた経験があると、あなたも誰かのことを受け入れたいと思えるようになります。
すると、自分の枠が広がるんですね。受け入れることができるキャパシティが広がります。
相手の価値観をもっと許容できるようになるので、イライラや争いも少なくなりますよ。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら