癒しには時間がかかるので焦らないことが大事

thum_image

前回の記事では、「嫉妬」を例にして、それを受け入れるということについて書きました。
言葉での説明はどうしても誤解や説明不足の点が出てくるので、誤解を生じかねないことについての補足をしたいと思います。

たとえば、「嫉妬」を例にすると、「嫉妬」を受け入れるということは、一瞬で受け入れられるということではありません。
どうしても0か100かで考えがちですが、嫉妬している状態と嫉妬していない状態の2つしかないわけではありません。嫉妬のレベルには程度があるはずです。グレーゾーンが必ずあるんですね。
「嫉妬」を受け入れるプロセス、スピードは人によって異なりますし、一度に受け入れられる範囲も違います。
たとえば、今までは嫉妬を10%しか受け入れられなかったけど、30%受け入れられるようになったというのも大きな改善なのです。そうなると楽になるはずです。
苦しいので一気に楽になろうという思いが強いから、少しずつというのをあまり受け入れられないんですね。
だから、返って苦しい状態がずっと続いてしまうんです。
少しだけでも受け入れられただけでも大きな進歩ですよ。一歩歩いて二歩下がるようなこともあるかもしれませんが、それでもちゃんと受け入れられて、どうでもよくなる日が必ず来ます。
焦る気持ちはすごく分かりますが、それでも時間軸を取ってあげてください。

f63932fbf34c7dd2190cad42bc15fc32_s
そして、癒しにおいて完璧主義は大きな邪魔になります。
ボク自身が、完璧主義が強かったのでよく分かりますが、100%癒したい、100%楽になりたいっていう思いが強くなりがちです。
でも、「100%癒さないと!」という思いは苦しみを生みます。
なぜなら、不可能だから。
一生癒しのワークをやっても無理だと思いますよ。
何があっても、どんなときでも楽でいられるというのは不可能です。
くれぐれも完璧な癒しを目指さないでくださいね。

そして、0か100かの思考だと、どうしても「できていないこと」にフォーカスしてしまうため、不満が溜まりやすいんですね。
また、世の中には100を実現できるセラピーやテクニックがきっとあるに違いないと手法ばかり追い求めてしまって、肝心のワークはおざなりになるのでいつまで経っても楽になりません。
もちろんテクニックも大事ですが、癒しはワークの量が大事だと思います。
そういう意味でも「セルフワーク講座」をいい機会にしてほしいなぁと思います。
癒しのワークをやっていくと、少しずつ楽になって、心地よい自分でいられるベースが増えます。その少しの気づきや癒しを自分自身できちんと承認してあげてください。
そして、癒しの旅を楽しんでいただきたいなと思います。それが、ワークを継続する秘訣です。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら