自分のハートに耳を傾けること

「便利さや居心地よさを、
名誉や社会に受け入れられること、尊敬を選んではいけない。
自分のハートの鐘を鳴らす何かを選ぶのだ。
どのような結果になろうとも、自分のしたい何かを選ぶのだ」

この言葉はインドの覚者和尚(ラジニーシ)の言葉です。
20歳過ぎにこの文を読んで、強烈に魂が揺さぶられました。
その後の人生でも和尚の言葉が常に引っかかっていました。
和尚は世間の価値観に従った群衆であることではなく、自分の魂の価値観に従った反逆者であることを説きます。

親も社会も大衆の価値観を押しつけてきました。
もちろん悪気があるわけではありません。それがボクにとって幸せであると思っていたから。
愛情です。だから感謝しています。

でも、誰も「自分のハートに耳を傾けろ」なんて言ってくれる人はいませんでした。
はじめてそのことを教えてくれたのがこの和尚でした。
そして、それから10数年経ってから二度目に聞いたのが溝口あゆかさんでした。だからボクは強烈に惹かれたんだと思います。
ボクの人生に素晴らしい影響を与えてくれた二人です。
和尚の理念的なところを、あゆかさんはテクニックや実践で落とし込んでくれました。

ボクがこの言葉に惹かれたのは、自分の唯一無二性を証明したかったから。
それは、エゴです。
自分が唯一無二でないことが分かっていたから。
平凡だったから。凡才だったから。つまらない人間だと思っていたから。
自分には価値がないと思っていたから。
だから、この言葉に惹かれたんです。

ボクはずっと大衆の価値観になびいてきました。
大衆の価値観とは、この社会における多くの人に共通している価値観です。
大衆は価値観の均一化を目指します。
自分がみんなと同じであることに安心を覚えます。自分の価値観を広めることで多数派を目指し、できるだけ自分に似せようとします。同時に大衆の価値観に自分をフィットさせていきます。
万人の平等を理想化し、互いに共感し合い、理解し合い、苦しみも喜びも分かちあえる、そういう社会を理想とします。
社会が平準化、均一化するということは、集合的なある価値観体型に従うだけではなく、それに従うことを幸福と感じ、そこに快楽を見出します。
それをニーチェは「奴隷」と呼びました。
楽であり、快楽が得られる生き方ではあるけれども、隣人と同じ判断や同じような行動が強制されます。本人が心の奥底でどう感じたかではなく、「まわりの人々と同じであるかどうか」によって決定されます。
外部に準拠した反応的な行動です。
それに対し、ニーチェは自発的・衝動的に行動する人間を「貴族」と呼びました。
外部に準拠せず、人間の内側から発するものに従って行動すること、これが「高貴な行為」であると説いたのです。

これが和尚の言う「反逆者」であり、「ハートに従う人」です。
反逆者は構造的に、社会から非難されるでしょう。なぜなら大衆の価値観に従わないから。
非難され、居心地は悪いし、ましてや名誉や尊敬なんて受けられないでしょう。
それでも、自分のハートの鐘を鳴らす何かを選ぶこと、それをやることのほうが、幸福なんです。
なぜなら、自分自身でいられるから。
自分自身を深く受け入れ、尊敬し、はじめて自分自身の花を咲かせることができます。
そのとき、自らの心の中に至福というべき喜びが満たされるのです。

だからこそ、自分のハートや身体の声に耳を傾けてほしいのです。
寄り添ってあげてほしいのです。
ただ聴くだけでいい。
テクニックとかどうでもいいです。ただ聴いてください。
自分自身であること以上の喜びはありません。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

2 件のコメント

  • 私は、ある、セラピーのワークショップで、いつも自分であることを体現的に学びました。

    それまでの私は、いつも人の目を気にし、人の顔色を伺い、自分がしたいことではなく、相手が望んでいることを察知して相手のご機嫌をとり、人から嫌わることを恐れていました。

    でも、そのワークショップで、いつも自分の気持ちを優先することを学び、自分のハートを選択するようになりました。

    まさしく
    『非難され、居心地は悪いし、ましてや名誉や尊敬なんて受けられない』
    の通り。嫌われ、わががままだ、と罵られ、一人になりました。

    でも、自分の気持ちを大事にしていると、自分はご機嫌がいい。

    それまでは、外でいい子をやっていた分、うちの中で
    爆発、顔は笑っているけど、心はイライラしてる、
    そんなんでしたが、

    今は、生きることがすごく楽になりました。

    でも、時々、忘れたころにこのパターンが出てくるので、今回、よっしーさんのブログを拝見して、
    久しぶりに、自分に寄り添ってみたら、みるみる涙がでてきて、自分の気持ち・・無視していたんだなぁ・・って、気がつくことができ、ありがたかったです。

    実は、よっしーさんとは、EFTのワークショップでお目にかかっておりますが、改めて感謝したします。

    ありがとうございました。

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    selfcompass Reply:

    S.Iさま

    こんにちは。よっし~です。

    素敵な体験をコメントくださってありがとうございます♪

    S.IさまとはEFTのワークショップでお会いしているのですね。
    出会いに感謝いたします。

    そして、素晴らしいワークショップとの出会いがあったのですね。

    >今では生きることがすごく楽になりました。

    いいですね♪ そういう方々がどんどん増えていけばいいですね。
    こういう話を聞くとうれしくなります。

    私もハートを選択できないことがあります。
    人の気持ちを気遣いすぎて、知らず知らずのうちに我慢していることもあります。

    気づいたらまたハートを選択すればいいと思っています。

    自分に寄り添うことはとても素晴らしい気づきや体験がありますよね。

    コメントありがとうございました。
    こころがすごく温かくなりました。
    ありがとうございます。

    カウンセラーよっし~

    返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    よっし~(西川佳宏)

    心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら