思い込みが記憶力にも影響する

thum_image

「年を取ると記憶力が悪くなる」

これってほとんどの人がそう信じていると思います。
実際に、学生のときよりも記憶力が悪くなったと感じていらっしゃる方も多いと思います。

でも、脳機能の記憶に関する分野の専門家、池谷裕二先生によると、年を取っても記憶力は実感するほどには衰えないそうなんです。
脳の神経細胞の数は、3歳以降は100歳になってもほとんど変わらないそうです。

じゃあ、なんで年を取ると記憶力が悪くなったように感じるのでしょうか?

もしかすると、「思い込み」が現実に大きな影響を及ぼしている可能性があります。

米タフツ大学の心理学実験で、18~22歳の若者と60~74歳の年配者を対象に、単語記憶テストを行いました。
テスト前に、「これは単なる心理学の試験です」と説明してテストしたところ、点数に差はありませんでした。

若者:49点
年配:50点

しかし、テスト前に、「この記憶試験では、通常、高齢者の方が成績は悪い」と説明したところ、同じ試験なのにぐっと点数が下がったのです。

若者:48点
年配:29点

思い込みは現実に大きな影響を与えます!


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら