サムライスピリット

あるセミナーで、サムライスピリットについての話がありました。
サムライスピリットとは、平たく言えば、武士が最も大事にしている価値観のことですね。

武士は真剣勝負のとき、相手が最大限の力を出すように祈るそうです。
そして、自分自身も最大限の力を発揮させるよう尽くすそうです。100%の力を発揮しないのは相手に対して失礼だと考えます。

すごいですよね。
普通は、相手のミスを祈るじゃないですか。
ほとんどのスポーツでもそうです。
ましてや真剣勝負であれば、自分の命がかかっているわけですよ。
自分が勝つためには相手がミスしたり、弱っているほうがいいと思うはずです。

でも、サムライはそうではなかった…
相手が最大限の力を出すように祈ったのです。

これを聞いたときに、ボクはタイガーウッズのエピソードを思い出しました。
結構有名な話ですが、2005年の選手権で、タイガーウッズはプレーオフになりました。相手のパットが外れるとタイガーの優勝が決まる場面で、タイガーは「入れ」と祈ったのです。
結果的にパットは外れ、タイガーが優勝しましたが、残念そうな顔を浮かべたそうです。
タイガーはサムライスピリットの持ち主ですね。

なぜ、相手がベストの力を出すことを望むのでしょうか?

心理学を勉強して、この仕組みがよく分かりました。

それは、相手の失敗を望むことは、自分の力を弱めてしまうからです。

失敗を望むときの心理を想像してみてください。

「相手が失敗をしてほしい。(…なぜならそうしないと自分は勝てないから)
「相手が失敗をしてほしい。(…なぜなら相手の方が強いことを知っているから)
「相手が失敗をしてほしい。(…なぜなら自分のことが信頼できないから)

()の中は心の裏にある無意識の思いです。
そして、無意識のその思いが自分のパフォーマンスを低めるのです。

だからこそ、相手の成功を祈るのです。

「相手にベストを尽くしてほしい。(…なぜならそれでも自分が勝てることを知っているから)
「相手にベストを尽くしてほしい。(…なぜならその方が自分は成長できるから)
「相手にベストを尽くしてほしい。(…なぜならそれが自分をさらなる高みへ連れて行ってくれるから)

この無意識の思いは、自分の能力を最大限まで引き出させてくれます。

タイガーはその理論を知っていたのか、経験的に身につけたのかは分かりません。
しかし、自分のパフォーマンスを上げるためにそうしたんだと想像します。

相手が落ちることで自分が高くなったような錯覚に陥りますが、実際は逆です。相手が落ちることを望んでいたとしたら、自分自身を過小評価しているのではないかと疑ってください。
そして、自分自身をもっと評価してください。信頼してください。
あなたはどんな状況であろうが、立ち向かえる強さと能力があります。それを信じてください。

ボクたちもこのサムライスピリットを意識的に大切にしたいですね。
日本人として、武士が持っていたこのサムライスピリットを誇りに思います。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら