自分らしさを妨げる一番のもの

私は自分らしくあることを応援していますが、自分らしさを妨げる一番のものが自己否定です。

今の自分は「ダメ」だと思い込んでいます。
なので、自分を変える必要があると信じています。

理想の自分になろうとしたり、演じようとします。
あるいはダメな自分がバレないように隠します。

自分で自分のことをダメだと信じているので、素の自分が出ることは「恥」なのです。

「恥」を隠すと、本当に向き合うべきものが見えてきません。
「ダメ」なものにフタをしているので、いつまで経っても変わりません。

shutterstock_99170681
変わるために大切なことは、フタをせずに「ダメ」なものにきちんと向き合うことです。

ここにちゃんと向き合えたら楽になります。

正直、ダメな自分でもいいと思うんですけどね…

嫌いな人がいたっていいし、
他人を殺したいほど憎んだっていいし、
嘘つきでもいいし、
弱さを隠すために偽ったっていいし、
仕事ができなくたって
モテなくたって
ブサイクだって
ずるくたって
だらしなくったって
料理ができなくったって
年収が少なくったって
結婚してなくったって
彼氏彼女がいなくたって
子どもがいなくたって
我慢力がなくったって
無責任でも
前科があろうとも
バカだろうが
禿だろうが
運動神経が悪かろうが
身体が弱かろうと
歳を取っていても
全然成長しなくても

何も問題ないと思いますよ。

まあ、でも問題ないとは思えないことも十分分かります。
自分のダメさに向き合うのは難しいですもんね。

向き合うとものすごい恐れが出てきます。
自分に価値がないということに本当の意味で直面するのはすさまじい恐怖です。

そこに向き合うにはプライドとか恥とかは一切脱ぎ捨てる必要があります。
そうじゃなければ向かい合えません。

だから普通は向き合うことはしないでしょうね。
わざわざ恐怖を感じる必要はないので。

でも、今、問題を抱えているというのはある意味チャンスです。
自分の「ダメ」さに本当の意味で向かい合う覚悟ができるからです。

最低の自分、ダメな自分を、何も守ることなくただ感じてみるのです。
恐れをただただ感じます。

やることはごくシンプルでこれだけです。
秘伝のタレとか隠しているものは何もなく、これがすべてのレシピです。

まあ、これが難しくてなかなかできないわけですけどね。
だからセッションでサポートが必要になってきます。
無意識の抵抗を見つけ、解放しながら、
EFTやマトリックス・リインプリンティングなどのツールも駆使せざるを得ないわけです。
ツールを駆使しても結構苦労するのが現状ですが、セッション数を重ねて、だいぶ自信がつきました。

恐れに向き合えば、この恐れのお化けに支配されていただけだということが分かります。
本当の意味で恐れを消化できたとき、最低な自分であることの恐怖がなくなります。

すると、どんな自分でもOKになるわけですね。

そうなると自分がどうだろうが気にならなくなります。
自分を守る必要がなくなるので、理想の自分を目指すこともしなくなります。
演じることや隠すこともしなくなります。
他人がどう思うか、どう考えるか、どう否定してくるかが気にならなくなります。

自分を守るために費やしていた行為がいかに自分の人生を大きく支配していたか、
苦しみを生んでいたかに気づくと思います。

ボク自身は、割と人生の早い段階で向き合えたのでよかったと思いますが、
それでももっと早く恐れに向き合って、20代、30代前半も、もっと心地よく生きたかったなと思います。
とはいえ、その経験があってこその今があるというのもわかっていますが…

もっとこういうことを早く知っておきたかったし、教えてもらいたかったと思います。
なので、このブログのメッセージが必要な人に届くことを祈ります。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

4 件のコメント

  • 私は自分はダメな人間だと何かにつけて思ってしまいます。生活の中でいろんな場面において自己反省と情けない気持ちになることが殆どです。
    先日仕事絡みの講習で、自分が充実している時や楽しい時はどんな時かを問われ、これといって何も浮かばないことに自分でも驚きました。年をとり、60代、70代、80代、どのように過ごしたいかをたずねられ、自分がしたい事が何も無いことに気づき、なんて面白みのない人生だろうと落胆しました。他の人たちは楽しげに話しているのを見て、こうしたい、ああしたいということが思い浮かばないのはなぜなのか。。そこでまた落ち込みます。
    嘘をつく必要もないのに、嘘をついてしまうことも多いです。
    自分がどう思われてるか気にし過ぎてるんですよね。自分の中では、恥ずかしいと思う基準が厳し過ぎるのかもしれたせん。
    よっし〜さんのメルマガを読むと気持ちが楽になります。これからも楽しみにしています。

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    selfcompass Reply:

    ぱんださま

    コメントありがとうございます。
    自分はダメ人間だと何かにつけて思っていらっしゃるのですね。

    お気持ちはよくわかります。
    私もずっと自分のことをダメ人間だと思っていきましたので。

    今はダメ人間だと思わなくなりましたが、ダメだと思う要素自体は当時と比べてあまり変わっていません。
    人前で話せるようになったのは、大きく変わった点かもしれません。
    でも、相変わらず人見知りはしますし、会話は得意でないですし、
    頭もあまりよくないですし、体型も崩れてきて、ダメ要素自体はあまり変わりませんが、
    ダメ要素をダメだと思わなくなったので自己批判が減りました。

    だからといって無理やりダメでもいいと思い込まそうとしないでくださいね。
    抑圧になってしまいますので。
    ダメだと思っていることをそのまま受け入れてあげてください。

    したいことが思い浮かばなくて落ち込まれるとのこと、よく分かります。
    したいことがなくても本当は何も問題ないのです。

    したいことがなくてもいいという前提で、でも、したいことがあったほうが人生は楽しいかもしれません。
    これからどのように過ごしたいかを考えてみるのもまた楽しいかもしれません。
    ちなみに私は「したいことリスト」を作って、よく見直しています。
    コロコロ変わります(笑)

    アドバイス的な返信になってしまい、境界線を越えてしまっていますが、不必要ならば無視してくださいね。

    私のメルマガ・ブログを読んで気持ちが楽になるとのこと、それは本当にうれしいです。
    励みになります。

    どうぞよろしくお願いします。

    よっし~

    返信

    ぱんだ Reply:

    よっし〜さん、わざわざ返信していたただきまして有難うございます。無視だなんてとんでもないです!
    よっし〜さん自身が思われてるダメ要素について、え?どこがですか?と聞き返したくなるほど意外ですよね。

    人から見られる印象と自分が思うダメ要素。
    ギャップがあるんだなぁと思いました。

    でも、人からそんなことないよと言われてもそうなんだと納得はとても出来ません(^_^;)
    本当に自己否定が強いと自覚あり。。

    温かいアドバイスに感謝します。
    そうですね。私のしたいことは何か、自分に問いかけて考えてみます。リストが出来れば眺めるだけで楽しい気分になりそうですね。
    やってみます。ちょっと元気が出ました!
    有難うございますm(_ _)m

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    selfcompass Reply:

    ぱんださま

    ご返信ありがとうございます。
    おっしゃる通り、人から見られる印象と自分が思うダメ要素は違いますよね。
    人からいくら違うと言われても自分自身で心の奥から否定しているので納得できないものです。

    少しずつ受け入れられて楽になれればいいですね。

    これからも心が楽になる手助けとなるような記事を書いていきます。

    よろしくお願いします。

    よっし~

    返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    よっし~(西川佳宏)

    心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら