思考がグルグルだとすごく疲れる

動くとエネルギーは消費するというのは一つの「常識」ですね。
激しい運動ほどカロリーは消費されます。
緩やかな運動ほどカロリー消費量は少なくなります。
ダイエットする際は、カロリー消費を上げるために、できるだけカロリーが減る運動を長時間つづけられるかがポイントになりますね。

この常識から、次の常識が生まれます。
「動かなければエネルギーは消費されない」

でも、実はこれは違うのです。
動かなくてもすごいエネルギーを使っているところがあります。
それは、「脳」です。

脳は体重の約2%しか重量がないにもかかわらず、エネルギー消費量は全体の2割を占めます。
囲碁将棋界では、プロ棋士は一局で体重が2、3キロ減る人も少なくないらしいです。

思考活動が激しいときはその分エネルギー消費量も多いのです。

うつ病はストレス下で交感神経が最大かつエネルギーレベルがほとんどないときに生じると言われています。
そのときに身体を守るために活動を強制的にストップさせるのです。
ネガティブな思考にとらわれている人ほど、色々な思考をめぐらすことに陥って、知らず知らずの間に膨大なエネルギーを消費しています。
そのため何だか分からないけれど疲れているという状態に陥ります。

そこでオススメなのが、思考を観察するということ。
ネガティブな思考が湧いてきても、ジャッジせずただひたすら、そうであるものとして思考を流していく。
思考を客観的に見つめるのです。
思考に気づいている状態が、思考を観察しているという状態です。
思考に余計なエネルギーを与えずにすむため、ネガティブ思考地獄から早く抜け出せます。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら