うつ状態の対処法&お知らせ2つ(熊本EFT、専門サイト統廃合)

うつ状態への2段階のアプローチ

カウンセリングではうつ状態の方のサポートも積極的にやっています。

うつ状態の程度にもよりますが、個人的に2段階のアプローチが必要と考えています。

ここでのうつ状態は何年も慢性的にうつである人ではなく、急にうつになった人を想定しています
  • はじめのアプローチはうつ状態の克服を目指すものです。
  • 次のアプローチはうつになった根本原因を解決することです。

最終的には生き方を変える必要がある

うつの根本原因を解決することを別の言葉で言えば、本人が生き方を変えることと言えます。

そもそもうつになるには原因があります。
私の経験では、本人の生き方の一部を変えるところまで踏み込まざるを得ないケースが多いです。

たとえば、

  • 今までは人の顔色ばかり伺ってきたけれど、これからは自分がどうしたいかを大切にするとか
  • これまで怒りなどの感情を出さないようにしてきたけれど、これからは感情を感じる許可を出していくとか
  • もっとNoや自己主張をする生き方をするとか
  • もっと自分の資質に沿った生き方をするとか

形は変われど、より自分らしく、自分を大切にする生き方に変わることで、うつの再発を防ぐことができます。

ビリーフを緩める

その過程では自分を制限しているビリーフを緩める必要があります。

  • 「感情はなるべく出してはいけない」
  • 「自分を出すと人に嫌われる」
  • 「根気強くがんばらなければいけない」
  • 「人一倍優れた成果を出さないと認められない」

などのビリーフです。

ビリーフを緩めるにはEFTやマトリックス・リインプリンティングなどのセラピーが役立ちます。

うつが起こる原因

うつというのは、心のエネルギーが枯渇した状態です。
身体がこのままではまずいと判断し、活動を強制的に抑えることでうつ状態になります。
誰でも心のエネルギーが枯渇したらそうなります。

うつは弱いから起こるわけではない

100%言えることは、うつは心が弱いから起きるわけではありません。根性がないから起こるわけでもありません。異常だから起きるわけでもありません。単なる生体反応です。

心のエネルギーが枯渇するにはいろんな状況があり、こういうときにこうなるということは一概に言えませんが、一時的に過度なストレスを抱え込んだときや、継続的なストレスで慢性的にストレスが高い状態のときは心のエネルギーが枯渇しやすいです。

うつ状態になったときに必要なこと

心のエネルギーが枯渇して、うつ状態になったときに必要なことは、エネルギーの回復を待つことです。

このときにエネルギーを必要以上に使うのは厳禁です。

うつの人に「がんばれ」と言ってはいけないというのを聞いたことがあるかもしれません。

この時期にがんばることは余計症状を悪化させます。
活動を強制的に抑えるために身体がシグナルを出しているのに、根性でがんばってしまうと余計エネルギーを消耗します。

そういう意味で根性がある人ほど、症状が重いうつになりやすい傾向があります。
身体がブレーキをかけているときは、それに従うのが自然な道です。

第1段階で必要なサポート

このときに必要なサポートは十分休むことへのサポートです。

エネルギーを消耗するようなセラピーは逆効果になりかねません。
セラピストはやみくもにセラピーをやればいいというものではなく、必要な時期に必要なことをやることが重要です。

うつになる人は責任感が強い人が多いです。
しかし、十分休むにはこの責任感があだになります。

単に休みを取って休めばいいというものではありません。
1か月休んだから大丈夫だとか、そういう問題ではありません。
形だけでは意味がありません。

仮に学校や会社を休んでいたとしても、その間、自責に悩まされていたらまったく休んでいないのと同じです。

リラックスして休むことでエネルギーは回復します。

そのため、リラックスして休むことを妨げている心のブロックを取ることがうつの第一段階で必要なことです。

リラックスして休めば自然に心のエネルギーが回復し、通常運転に戻ります。

第2段階で必要なサポート

そして、十分休養してうつ状態が回復したとき、これで終わりではなく、実はここからが本番です。

うつになった原因を探り、セラピーで解消していきます。

ゆっくり休んで楽になったからといって、同じことをしていればまたエネルギーが枯渇し、うつになります。

でも、ちゃんと原因にメスを入れることができれば、うつになったことで生き方をポジティブに変えられるきっかけにできるでしょう。
自分らしさを取り戻す糧にできます。

うつの対処は間違うと余計悪化させることになりかねません。
こういった知識が広まるといいなと思っています。

2つのご案内

熊本市でEFT講習会&個人セッション(いずれも無料)のご案内

2016年10月22日(土)~23(日)に熊本市国際交流会館にて、一般社団法人ハートレジリエンス協会主催EFT講習会を開催いたします。
また同時に、個人セッションも承ります。いずれも無料です。

今回、私はセラピストとして参加は致しませんが、私の師匠や仲間が参加します。

震災時の恐怖やトラウマ、悲しみ、将来への不安、落ち込み、ストレスや不眠でお悩みの方は、ぜひお越しください。

また同時に経験豊かなセラピストが、1対1の個人セッションも提供します。
話を聞いていほしい、日々のストレスを解消したい、心も体も楽になりたい、など思われている方、ぜひ受けていただきたいと思います。

お知り合いやご友人に被災された方がいらっしゃいましたら、ぜひお知らせください。
ご協力よろしくお願いいたします。

10月24日~25日は同じ内容で、山都町で開催をします。

開催概要

【日時】2016年10月22日(土)、23日(日)9:30~16:30
【会場】熊本市国際交流会館 3F国際会議室
(熊本市中央区花畑4番8号)

個人セッションは、10:00~15:30(最終受付:15:30)

お申込み方法

◎インターネット:https://pro.form-mailer.jp/fms/2c0d840c104825
※携帯の場合、admin@heart-resilience.comから受信ができるよう設定をしておいてください
◎電話:03-5423-6920 (平日9:30~18:30/担当:相川ふみ)
◎FAX:03-5423-6921(チラシにお名前等ご記入の上送信してください)
◎E-mail: aikawa@cre-en.jp

あがり症とパニック障害サイトを統廃合しました

このホームページとは別に不安障害の専門サイトも運営していますが、そのうちの2つを統廃合することにしました。

あがり症克服情報サイトは、対人恐怖症克服情報サイトに統合し、パニック障害克服情報サイトは、不安障害克服総合情報サイトに統合しました。

つまり、今ある専門サイトは下記になります。

SEOの関係で専門サイトを複数立ち上げたのですが、記事を投稿するのも大変なので、アクセス数が少ない2つのサイトを閉鎖することにしました。

あがり症やパニック障害の方々をサポートしなくなったわけではございません。
特にあがり症は私自身が克服したのでお役に立てると思います。
もちろんパニック障害のサポートも力になれます。

こちらの専門サイトのほうも細々ながら役立つ記事を書いていこうと思います。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら