犠牲者意識が自分を苦しめる

前回前々回の記事で、不幸にしがみついている心理的要因を説明しました。

不幸にしがみついている人の中には、犠牲者意識の人が多く見られます。
「私は誰かから不当に扱われている」
「私は不当なことに苦しんでいる」
という意識のことです。

実は、この意識が、そういう状態を招いています。
無意識で、不当であることが起こるように選択しているのです。
意識ではそんなことは決して思いません。
ですが、自分の奥底ではそれを手放せません。
そう言うと、苦しんでいる本人にとっては反発するでしょう。でも、ここの理解が自分を楽にする大きなステップなのです。

無料オンライン講座の「投影」でも少しお話していますし、もっと詳しくはセルフワーク講座でお話していますが、私たちは自分の無意識の思い込みに従って、人生を作っています。

不当なことが起こった場合、
ある人は、このように解釈します。
「今回こんな嫌なことが起こったけれど、たまたまだし、起こったことはしょうがない。深刻にならないようにしよう」
ある人は、こんなふうに解釈します。
「また、私にばかり不当なことが起こる。いつもそう。いつもいつもこのパターン。誰々はそんなことないのに、私にばっかり。どうせ私は不当に扱われる存在よ」

同じことが起こっても解釈が違うのは、私たちがかけているメガネ(ビリーフ)が違うからです。
犠牲者意識のメガネは、いつ作られたのでしょうか?

ほとんどの方は幼少期だと思われます。
幼少期に犠牲的な経験を受けたか、あるいは、親が同様に犠牲的なタイプの場合が想定されます。
私たちは両親の生き方をコピーしています。
親の苦しい生き方を見て、そうはならないと誓ったにもかかわらず、自分がそうなっていたことを実感することもあるでしょう。

犠牲者のパターンを抜け出すのは容易ではありません。
それは「不幸から抜け出せない7つの原因」に書いた通りです。

でも、このまま犠牲者であるのは嫌じゃないですか!!

じゃあ、どうするか。

まずは、自分が蒔いた種であることを認めることです。
自分がこの状況を作ってきたことを理解し、この状況を自分自身で変えられることを理解します。

そして、本気で変えようと決意することです。
犠牲者意識を手放すと。

本気で変えたければ、今までと同じような行動を取ったりはしないはずです。
犠牲者タイプの方は、無意識で他人を救おうとします。
自分を犠牲にし、他人のために力を使います。決して自分のために力を使いません。
それをやめるのです。

自分のために自分の力を使うことです!
自分を救うために自分の力を使ってください。
自分を喜ばせることを選択してください。
自分を喜ばせることへの罪悪感を手放してください。

本気で自分を救いたい人に、私はサポートしたいと思います。
犠牲を手放すことへの恐れを取ることをサポートします。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら