META-Health Introductory Weekendに参加しました

先週末の3日間、メタメディスン(メタヘルス)のセミナーに参加しました。
META-Health Introductory Weekendというコースで誰でも参加できる入門コースです。
日本で初めてのメタメディスンセミナーでワクワクして参加しました。
講師の野波美穂さんはドクター、医学博士でもあり、溝口あゆかさんのロンドンコースの2期生でもあり、西洋医学もエネルギーセラピーや心の仕組みにも詳しいです。
何よりとってもチャーミングな方で、3日間楽しく受けられました。

IMG_0197
メタメディスン(メタヘルス)とは病気の意味を説明する理論です。
西洋医学は病気の根本的な原因は明らかにせず、基本的には対処療法です。
たとえば、ガンになれば、手術、あるいは薬物療法、放射線療法でガンを死滅させる行為を行います。
メタメディスンはガンになった原因や意味、プロセスを説明します。

西洋医学は器官(臓器)に対するアプローチで、器官と心は別物として考えます。
メタメディスンでは器官と心、そして、脳と社会環境を一元的に捉えています。
メタメディスンはドイツのドクターが中心となって構築された新しい理論で、数多くの臨床的背景を基に構築された理論です。
いろんな心理的葛藤が、臓器の不具合に現れていて、その関係性がとても面白いです。

メタメディスンでは病気の症状を病気だと考えません。
たとえば、ガンの場合は、ガン自体が病気であるとは考えません。メタメディスンではガンは病気のプロセスの一部であり、回復過程(再生期)で生じる肉体のヒーリングプロセスの一部と考えます。ガンを悪(取り除くべきもの)とは考えないのです。

そして、メタメディスンではほとんどの病気の始まりは非常に大きな感情的出来事(ショック)から始まり、葛藤、ストレスの強さと期間が症状の重さと期間を決定します。

メタメディスンを学ぶと心の癒しの重要性をあらためて感じますね。
そして、これまでの「常識」をくつがえしてくれます。私たちがいかに「常識」「固定観念」に縛られていて、それに影響されていたかがよく分かりました。セミナーに参加して、病気に対する考え方が変わり、病気を悪いものとみなす観念が減りました。

西洋医学とは全くアプローチが違うので、ドクターの方にはなかなか受け入れられないんじゃないかと思います。それなのに美穂さんは本当に柔軟性があり、素晴らしい!
メタメディスンがもっともっと広がればいいなぁと思います。個人的にももっと勉強したいなぁと思いました。

セッションを受けてくださる方でメタメディスンに興味がある方は、期間限定でセッション終了後に無料で簡単な仕組みの説明と分析をします。30~60分程度。単独ではやりません。あくまでセッションの「おまけ」です。
ただし、セッション申込時に必ずそれを希望する旨を伝えてください。プラスアルファの時間が必要なので当日言われても時間的に対応できませんので。
また、私は現時点でメタメディスンをセッションする資格を保有していないため、3日間のイントロレベルの知識しか保有していない点、正式な分析ではない点、分析結果に責任を負えない点、分析結果は参考程度にとどめていただきたい点をご承諾の上、お申し込みください。
あと、このおまけは予告なく打ち切りますのでその点もご了承ください。


【お知らせ♪】
★【セルフワーク講座募集開始】2017年7月開講セルフワーク講座6か月コース
★【満員】2017年7月1日EFTスキルアップ勉強会
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら