やる気の出し方

ボクは以前、「やる気」が少なかったこともあり、やる気の出し方に興味がありました。
このブログを始める前のアメブロのブログではやる気についての記事もいくつか書いていたと思います。
やる気に関してのセミナーも以前開催したことがあります。

今は、やる気の出し方について興味があまりなくなったので記事にすることもなくなりましたが、いまさらながら「行動力」って大事だなぁとあらためて思うところがあり、行動力をアップさせる「やる気」について考えてみたいと思います。

a3bca224a2bb04f62965d743230b4c29_s
そもそもやる気がないのは、やりたくないからですね。
本当にやりたかったらやっています。
やりたくてもできないでいるときは、やり方が分からないとか、時間がかかりすぎるとか、お金の制約があるとか、どうしていいか分からないときにも、行動にブレーキがかかります。

ブレーキがあるのに「やらなきゃ」と無理やり行動させる方法もあります。
いろんなテクニックがありますが、ここでは紹介は省きます。
ビジネスではこの種のテクニックがとても多く使われます。
無理やり行動させる方法は、確かに行動ができるのですが、デメリットもあります。
それは心理的に苦しくなるということです。無理やり我慢して行動しているため、エネルギー消費量が半端じゃないんですね。だからとても疲れます。
企業は効率を重んじますから、従業員の精神疲労なんてお構いなしですね。たいていは。
うつになるのも自分のせいではないと思いますよ。

恐れとか義務感で行動しようとしても長くは続きませんし、やる気は起こりません。
やる気が起こるのは「~すべきこと」ではなく「したいこと」に対して自然に生じるものです。

でも生きていく中で「したいこと」だけでは生きていけませんから、当然「すべきこと」もありますよね。
それは避けられません。
ただ、「したいこと」の比率を上げていくことを心がけることもできます。
「恐れ」からではなく「ハート」からやりたいことを意識すると自然と行動量が増えていきます。

「すべきこと」を手放すには、動機になっている「恐れ」を手放す必要があります。
そのためには、まず、自分が何を恐れているのかを見極める必要があります。その恐れを手放す手段としてはEFTやマトリックス・リインプリンティングが効果的でしょう。

「すべきこと」を手放していくと、「したいこと」がより自然にできるようになっていきます。
したいことだったら、やる気も自然に出てきますね。
ただ、「したいこと」をすることへの恐れがある場合もあります。
たとえば、「したいことするとわがままな自分になってしまう」などのビリーフがあり、「わがまま」な自分を抑圧しているケースなどです。
その場合も、したいことをすることへの「恐れ」を手放すとスムーズにしたいことができるようになります。


【お知らせ♪】
★【満員募集終了】パートナーシップ問題の真の意味を理解するセミナー
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら