嫌いな相手を許す必要はない

癒しや自己啓発系の本によく書かれている「許し」。

「嫌いな相手を許すことがあなたの幸せにとって大切だ」
というようなことが書かれています。

それはその通りです。
相手が憎い状態で悩まされているとき、自分が苦しいですからね。

でも、許そうと思って許せるものではありません。
そう簡単に許せれば苦労しません。

確かに許せれば楽になりますが、怒りの感情がたまっていれば許せないのは当たり前ですし、それを無理に許そうとすると、怒りの感情を抑圧することになります。

すると、「無意識に抑圧したものは余計強くなる」という心のルール通りに余計悩ませることになります。
一時的に抑圧することに成功できても、必ず引きずっています。

ですので覚えておいてほしいのが、

「相手を許す必要なんてこれっぽっちもない」

ということです。

憎い相手は許さなくていいです。

また、ボクのブログでも投影についてたくさん書いていますが(無料オンライン講座でも詳しく動画で説明しています)、投影について学ばれた方は、知識上では、相手が憎い点は自分のそれを相手に投影しているということを分かっていらっしゃるはずです。

すると相手を責めたいにもかかわらず、自分を責めるという方向に向かいます。
そして相手への怒りの感情が置き去りになってしまいます。

投影のしくみを知ることは、自分が楽になるために必須の知識ですが、ときに自分を責める材料にしてしまう人もいます。

そういう人に言いたいのですが、
自分に嫌な面があったっていいじゃないですか!

嫌な面がない人なんていませんし、すべてを受け入れることなんてちょっと無理がありすぎます。

あまりに行きすぎると完璧主義が過ぎてそれが違う苦しみになってしまいます。

あくまでも自分を楽にするツールなんです。
自分が楽にならないのなら、どんな考えであっても手放してください。
もちろんボクがブログで行っていることも含めて。

話を戻して、相手への許しですが、無理に許そうとする必要はありません。
ですが、相手に憎しみがある状態も苦しいです。

では、どうすればいいかというと、すごく単純です。

ただ、今の苦しい感情をただ解放すればいいだけです。
EFTをオススメします。
(5/2-4でJMET認定EFTプラクティショナーコース講座の講師をやります)

shutterstock_124552849
憎しみの感情を解放すると、相手を許してしまうのが嫌だと思う人もいるでしょう。
EFTは許しのツールではありません。

相手を許さない思いは持ったままで構いません。
ただ、今溜まっている怒りや悲しみの感情を出して、スッキリしたほうがいいじゃないですか。

完全に解放しなくてもいいんです。
半分で構いません。
怒りで苦しくてしょうがない状態から自分を少しでも楽にしてあげましょう。

そして、強い怒り、憎しみがあるとき、実は自分の大切な何かを傷つけられたから起こります。

セッションではそこを見ていくことになります。
コアにあるものは1回、2回でたどり着けるものではありません。
見ていくにはかなりの勇気が必要です。
でも、そここそ最も向き合う価値があるところです。


【お知らせ♪】
★【セルフワーク講座募集開始】2017年7月開講セルフワーク講座6か月コース
★【満員】2017年7月1日EFTスキルアップ勉強会
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら