何気ない一言で傷つく原因と対処法

何気ない一言で傷ついちゃうことってありますよね。
その人にとっては何げない言葉なんだけど、自分にとってはすごく傷ついた。
そんな経験は誰しもあると思います。

自分の中の「傷つきボタン」があって、それを押されると傷ついちゃいます。
その「傷つきボタン」は人によって違います。

「傷つきボタン」が自分の存在価値とリンクしているとき、すごく嫌な気分になります。

「えっ、お前彼女いたの?」
→【心の声】「ムッ、なんだよそれ。オレは彼女ができない魅力のない男だと思っていたのかよ」

「なんか、おとなしいね」
→【心の声】「どうせ私は人見知りよ。盛り上げられないし、話せないわよ」

「なんで、彼女作らないの?」
→【心の声】「うわぁ~、オレだって彼女作りたいよ。分かってるくせに上から目線で言いやがって」

「お前、意外と胸がないな」
→【心の声】「ほんっと、失礼ね。でも、やっぱそうなんだ。私胸小さいんだ…」

中には誰だって傷つくようなあからさまにひどい言葉もありますね。
「お前の存在価値って何かあるの?」
「こんなことすらできねーのかよ」
「お前、ぶっさいくだなぁ」
「前の彼女は、そんなことなかったぞ」

あからさまにひどい言葉を言う人は論外ですが、言っている本人は悪気がなく言っていることで傷つくことはたくさんあります。
自分のコンプレックスや気にしているところをズバリ突かれるからですね。

自分の傷つきボタンに気づくことはすごく大切です。ほとんどの人が傷つきボタンを意識できていません。
この傷つきボタンをワークで知ることができるだけで、楽になったりします。
「あぁ、私はここを触れられると傷つくんだ」
傷つきボタンが発見できれば、親しい間柄の関係であれば、それを相手に伝えることができます。
「これは、私の傷つきボタンだから、触れないように気を付けてね」
そうすれば、相手も触れないようにしてくれるので、不要な争いがぐっと減りますね。

c5100ebf0f3c552803aed7c51f709ba3_s
セルフワーク講座やセッションでは、気になった出来事や言葉から、もっと奥にある原因を探っていきます。
たとえば、「お前、意外と胸がないな」で傷ついた場合、胸が小さい=女性として魅力がない→(ばれると)嫌われる→捨てられるかもしれない不安→傷つく…という感じで、自分の存在価値とリンクして考えていて、その存在価値のなさ(無価値感)を味わわないように、胸を見せないようにしようとします。

そこに気づくと、セルフワーク講座では、フォーカシング、EFT、イメージタッピングセラピーを用いて、解放していきます。セッションではマトリックス・リインプリンティングも使います。

すると、気にならなくなるんですね。不思議なことに。
「胸が小さい=女性として魅力がない」
このリンクが外れるわけです。そして、傷つきボタンが消えるのです。

すると、「お前、意外と胸がないな」と言われたら、もう気にならなくなるか、あるいは、
「余計なお世話よ。ひどいこと言うわね」などと、怒りはするけれど、それでストップです。
そのあと、「胸が小さい私は魅力がないんだ…」というネガティブの連鎖には行かなくなるんですね。
※ちなみに怒りが強くある場合はまだ傷つきボタンが残ってます。

実際には、自己価値とのリンクは「ある、ない」の二択ではなく、強弱という感じなので、1回のワークで強から中に変わるだけで終わるかもしれませんが、それでもその変化は大きいのです。

傷ついた言葉に対して、傷つかないように我慢するとか、麻痺させるとか、相手を攻撃する、訂正させる、あるいは見返すためにがんばるというのは、実は何も根本的な解決にはなってなくて、むしろ自分の傷を強くする行為なんです。
そんなことしても傷つきボタンはそのままあるんです。
傷つきボタンを取って、根本的に治す方がずっと早くて、楽ですよ。
そのためにはまずは自分の傷つきボタンに気づくことが第一歩です。


【お知らせ♪】
★【満員】2017年7月開講セルフワーク講座6か月コース
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★【新刊!】生きづらいと感じている人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら