私たちは自分の解釈に苦しむ

女性「誕生日に仕事の飲み会入れるってどういうこと?」
男性「仕方ないだろ! 仕事なんだから」
女性「仕方なくないわよ! 私よりも仕事の方が大切なのね」
男性「そうじゃないよ」
女性「じゃあ、なんで飲み会入れるのよ」
男性「オレだって好きで入れたわけじゃないよ。でも仕事だったらしょうがないじゃないか。次の土曜日にお祝いするんだからいいじゃないか。なんでそんなに怒るんだよ」
女性「よくないわよ。祝えばいいって思っているわけ?」
以下…続く

shutterstock_166291166
よくありがちなケンカの場面を想像で書いてみました。
ケンカにならずに我慢する人もいるかもしれませんね。

なぜ、これでケンカになるんでしょうか?

一般的な男女の価値観でバッサリ斬ってみますが、

女性にとって、「自分の誕生日=大切で特別な日」という価値観です。
男性にとって、「自分の誕生日=普通の日と大して変わらない」という価値観です。

お互いがこの価値観を相手に投影し、相手もそう思っているに違いないと思うわけです。

女性にとって、大切なものを軽んじられたということは、もっと先の想像につながります。

「彼は私よりも仕事の方が大切だ(なぜなら私の誕生日よりも仕事を優先するのだから)」
「彼は私のことを大切に思っていない(なぜなら私のことを仕事以下に扱っているから)」
「彼は私のことを愛していない(なぜなら私のことを大切に思っていないから)」
「私のことを愛しているのなら、こんな仕打ちはしないはず。やっぱり、彼は私のことをもう愛していないんだ」

こんなふうに(一例です)、私を愛していないというふうに想像します。
これが「解釈」です。

私たちはこの解釈に苦しんでいるんです。
「彼から愛されていない」と解釈したなら、それは苦しいでしょう。怒りや悲しみなどの感情がグッと湧いてくるでしょう。
だって愛している人から愛されていないんですから。

でも、こんなふうに文章で客観的に読むと、これはその女性の独り相撲だって分かりますよね。

男性にとっては、別に女性を愛してないわけではありません。
「仕事で仕方ないから、別の日にたくさん祝ってあげればいい」
その方が合理的だという考え方です。

男性の考え方には一理ありますが、その女性にとっては「誕生日=特別な日」であり、その日に祝ってもらうことに価値を感じているので、すれ違いが起こるわけです。

この続きをたくさん書きたいのですが、次回に回して、今日は二つだけ重要な点を述べます。

(1)私たちは解釈で苦しんでいるということ。
(2)私たちは解釈の違いで争いが発生するということ。

この例の場合は「誕生日に仕事を入れる」ということが男女で意味づけが違うわけです。
「誕生日に仕事を入れる」=何を意味するか?ということですが、

女性は、彼は私を愛していないと解釈し、
男性は、そのことと大切に思っているかどうかは関係ないと解釈しています。

この解釈が極端だったり、自己否定につながるものであれば苦しくなります。

そして、そうさせるような相手に対しては、怒りが発生するのは仕方ありません。
だから、ケンカになったり、不平不満がたまるのですね。


【お知らせ♪】
★【セルフワーク講座募集開始】2017年7月開講セルフワーク講座6か月コース
★【満員】2017年7月1日EFTスキルアップ勉強会
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら