身体のメッセージを聴く方法

身体のメッセージを聴くというと、チャネリングみたいなイメージがあるかもしれませんが、実はすごくシンプルです。
今、トイレに行きたい、お腹がすいた、頭痛がする…これも身体のメッセージですね。

このセンサーが鈍くなればなるほど、不健康一直線です。
というか、不健康だからセンサーが鈍くなっているわけですね。

お腹がすいたとかは、健康であれば当たり前に感じますが、感情や感覚は少し難易度が高くなります。
感情や感覚がきちんと感じられると、潜在意識の言葉も感じられるようになります。

癒しには感情や感覚をいかに感じていくかが重要ですが、身体の声を聴くセンサーを活性化するには、肉体面での健康がとても重要な要素です。

今回の記事はこの重要性を書きたいと思います。

たとえば、満腹のとき、身体のセンサーはどうなるでしょう?
実際に感じてもらいたいのですが、鈍くなるはずです。

ストレスがかかっているときはどうでしょう?
このときもセンサーは鈍くなっています。

まずは食事。
食事の量が多すぎると、センサーは鈍くなります。
また、食事の質も重要です。
インスタント食品は身体の感度を下げます。

そして運動。
身体が硬いと、センサーは鈍くなります。
ストレッチや運動で身体をほぐして、血行が良くなるとその分センサーの感度が上がります。
適度な運動は、肉体面でも精神面でも健康になる素晴らしい方法です。
ちなみにボクは身体の硬さには自信があります(-_-;)

shutterstock_155947250
先日、青空禅フォーラムの伊東充隆医師から聞いた、聞きたてほやほやの知識ですが、運動するとリンパ液が流れます。
リンパ液の流れは感情の流れとリンクしており、リンパの流れがよくなると心身ともに軽くなるそうですよ♪

さらにストレス。
精神面での負荷は、センサーをぐっと下げます。
特に不安を慢性的に感じていると、身体の感覚はとても鈍くなります。

身体が不健康になって痛みや苦しみの症状が出て、その感覚をきちんと感じられているからといってセンサーがうまく働いているというわけではありません。
その逆です。
身体の声を聴くセンサーがうまく働かなかったからこそ、そこまで痛みや苦しみが出るまで問題を放置してしまったのです。

もし、センサーがうまく働けば、食事にしても身体に悪いものは何らかの拒否反応が出たりします。
たばこなどもだんだん受けつけなくなったりします。
多すぎるアルコールもそうですね。

身体の声を聴くことができると、不健康な状態になる前にちゃんと気づくことができます。
なので、病気になりにくいし、病気になっても回復も早いのです。

ボクは職業上、メンタル面のケアは得意ですが、食事や運動はなかなかできていません。
自戒を込めて書きました。
がんばろっと。


【お知らせ♪】
★【セルフワーク講座募集開始】2017年7月開講セルフワーク講座6か月コース
★【満員】2017年7月1日EFTスキルアップ勉強会
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら