組織を活性化させるエクササイズ(グッド&ニュー)

組織を活性化し、ポジティブな組織へ変える方法として、「グッド&ニュー(GOOD&NEW)」という手法があります。
これは、アメリカの教育者ピーター・クライン氏が開発した方法で、校内暴力が多発する学校をこの方法で短期間に改善させました。

やり方は次の通りです。

1.グループで輪になります。
2.誰か一人がボールを投げ、受け取った人が、過去24時間以内にあった「良いこと」もしくは「新しいこと」を話します。
3.一人の発表が終わると全員で拍手をします。
4.次の誰かにボールを投げ、全員が終わるまで繰り返します。

「最近どんないいことがあっただろう?」
「最近どんな新しいことがあっただろう?」

これを考えることで、リフレーミングが起きます。ポジティブ思考のクセがつきます。
組織で習慣的にやることで、ポジティブな雰囲気になり、活性化します。
「良いこと」「新しいこと」の他に「ありがたいと感じたこと」もいいですね。

とはいえ、すごく居心地の悪い組織でこれをやると、逆効果になる場合もあります。強制的なリフレーミングはネガティブな気持ちを強めるので注意が必要です。
実質が伴わないのに、形だけポジティブにしてもダメということです。

この「グッド&ニュー」は一人でやってもいいです。
毎晩「今日はどんな良いことがあっただろうか?」
「今日感謝したいことはなんだろうか?」

これを考えることで、幸福度が上がることがポジティブ心理学の研究結果でも証明されています。
ボクも、この方法を何年か習慣的にやっていました(過去形ですが…)。
毎晩、それぞれ3つずつパソコンに記入するのを習慣づけていました。
これをやると、良いことやありがたいことを見出していくクセがつきます。そうすると、良いことやありがたいことが数多く目につくようになるんですね。
人は意識したものしか目に入りませんから。
とてもオススメの方法です。


【お知らせ♪】
★【11月12月募集開始】ハートシフト・セミナー募集開始しました
★【セミナー動画プレゼント】メールマガジン登録でセミナー動画をプレゼント中
メルマガでは毎週金曜日にブログ記事とは異なる濃い(⁉)情報を書いています。ぜひご登録ください!
★【セミナー動画販売中】「自分に正直に生きる」
「人生の苦しみの原因をスピリチュアルで解き明かす 第二部」

※本を出版しました!
★【Amazon販売中】生きづらいと感じている人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

Kindle Unlimitedで「本当は傷つきやすい人たちへ」が無料で読めます!

★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら