幸せになるために何かを達成する必要はない

社会的に成功しているAさんとBさんがいます。
いわゆる「人生の勝ち組」と呼ばれる人たちです。
彼らの人生を簡単に紹介しましょう。

Aさん
「Aさんは第一志望の大学に入学し、第一志望の企業に入社した。そこで出世すべくがんばった。順調にキャリアアップしていき、一戸建ての家を東京都内に建てた。50代で取締役に就任した。絵に描いたような勝ち組の人生だが、想像したよりも満足感は得られないことに気づいていた。確かに昇進するとうれしい。業績を上げるとものすごくうれしい。しかし、それはすぐに薄れて当たり前のことになってしまう。若いときに理想だった生活が現実になっているにもかかわらず、まだ何かが足りない気がする。地位も名誉も賞賛も得られ、これといった不満の種もない。しかし、ふとした時に空虚な気分になる。そんな気分が嫌で、仕事にも精を出し、休日もゴルフやつき合いでスケジュールを埋める。この空虚感は仕方がないものだと思っている。それに、満足してしまうと人間はそこで成長が止まるので、きっと人間はどこまでも満足できないようになっているのだ。だからとにかく前に進むしかないとAさんは感じている」

Bさん
「Bさんは独身のOL時代、結婚すれば幸せになれると思っていた。両親との関係がよくなかったので、とにかくこの家から離れれば、結婚して親から離れて夫から愛されたらすべてが変わり、幸せになれると思っていた。そして、願いがかなって、優しい穏やかな男性と結婚。Bさんにとってパーフェクトな夫だった。結婚後、すぐに転勤となり、地方へ配属となった。知り合いがいないだったので、Bさんは近所づきあいなどに苦労した。再び東京に戻ることができれば、幸せになれるのにと思っていた。ラッキーなことに夫が再び転勤となり、東京配属となった。しかし東京に戻ってもまだ満足感はなかった。友人はたくさんいるが、生活は退屈だった。仕事を辞めていたし、夫の帰宅も遅いのでやることがなく、生活に張りがなかった。子どもがいたらもっと満足感が得られるかもと思った。数年後、出産し、専業主婦生活を送る。生活は忙しくなったが、やはり満足感は得られなかった。もっと子どもの出来がよかったら、成績がよかったら、夫の収入がよかったら幸せなのにと感じていた。そして、Bさんは子どもの教育に熱中し、夫のためにも献身的にサポートした。子どもは一流中学に入学した。夫も出世した。しかし、それでもまだ満足感はなかった。もしかしたら狭い賃貸住宅に住んでいるからかもしれないと思った。都内の一軒家に住めたらもっと不足感を解消できるかも。そう思った。今度の休みは夫と家を見に行こうと思った…」

AさんもBさんも願い事がかなった人生を送っています。
さて、AさんもBさんも幸せでしょうか?

「幸せだよ。こんな生活ができて。世の中にはたくさんの恵まれない人たちがいる。そんな人に比べたら悩みなんて微々たるもの。悩みのうちに入らない。私もこんなふうになりたい」

そんなふうに思う人もいるでしょう。一方で、こんなふうに思う人もいるでしょう。

「どんなに恵まれていたとしても不満ってあるんだな。ということは、幸せとか不満感って条件じゃないのかも」

ボクは後者のように感じてもらいたくて、AさんとBさんの例を挙げました。
幸せは条件ではありません。どんな条件を満たす必要がありません。

想像を巡らせてみてください。自分の理想がかなったときのことを。それで心の底から満足できるでしょうか?

もちろんワクワクするし、満足感はあるでしょう。幸福度は一時的に急激にアップします。
でも、それは続きません。不満感が必ずあります。
エゴは「もっともっと」と叫びます。どこまで行っても終わりがないのです。
その満足感への「飢え」や「渇き」は正常です。
ただし、その飢えや渇きを満たすやり方が間違っている人が圧倒的に多いのです。
どんなに理想を満たしたところでその飢えや渇きは絶対に満たされません。余計大きな苦しみを生むだけです。
理想をかなえるというやり方で「飢え」や「渇き」を満たすのは不可能であり、ナンセンスなやり方なのです。

じゃあ、どうやったらその飢えや渇きを満たすことができるのでしょうか?

ありのままを受け入れたときです。
今の状態に何のストーリーもつけず、ただあるものとして全肯定できた場合、飢えや渇きは存在しません。
そこにあるのはただの喜びと幸せです。

では、ありのままを受け入れるにはどうすればよいのでしょうか?

正直これが簡単にできれば苦労はしません。
めちゃくちゃ難しいです。
でも少しずつありのままを受け入れることができます。
それはまずは自分自身のありのままを受け入れていくこと。
自分自身のありのままが受け入れられるほど、他人のありのまま、状況のありのままを受け入れられるようになります。この世の中は投影の世界だから。自分の色眼鏡で世界を見ているので、自分自身をすべて受け入れられれば、ジャッジしない色眼鏡で世界を見ていることになります。
自分のありのままを受け入れるとは、自分の嫌なもの、拒否したいもの、見たくないもの、隠したいもの、ネガティブな思考や感情をもジャッジせずそのまま受け入れるということです。
そして、その助けとしてボクがやっているカウンセリングはとても効果的です。
また、感謝もとても効果的です。
感謝の質自体がありのままを受け入れることだからです。

何かを達成することやかなえることでは決して幸せにはなれません。人生経験が豊かな人ほどそれを感覚的に分かっているはずです。アプローチを変えてみましょう。幸せになれる方法はただ、ありのままの自分を受け入れること。それだけです。


【お知らせ♪】
★【満員募集終了】パートナーシップ問題の真の意味を理解するセミナー
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

6 件のコメント

  • こんにちは。

    最近、幸せって「外側」に「求める」モノではなくて、「内側」で「感じる」ものなんだなーと思ってます。

    なんか、それを再確認できた記事でした。
    私にとってはものすごくタイムリーな記事だった。
    ありがとうございます(^-^)

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    selfcompass Reply:

    シマさん

    こんにちは。コメントありがとうございます。
    幸せは内側で感じるもの―――それに気づかれることは素晴らしいと思います。
    今回の記事がそれを再確認できた記事でよかったです。
    条件抜きで幸せを感じられる方法は自分を癒すことだと思います。
    あとは文にも書きましたが「感謝」がとても有効です。
    ボクは感謝のツールを一番多く利用しているかもしれません。

    コメント励みになりました。ありがとうございます。

    返信

  • 目から鱗です。
    追い求めなくても、いいんですね。
    何かを達成したいと思ったり、自分がランクアップできることを、どうしても焦って求めてしまっていました。
    今ここを大切に生きていくことができるといいな。

    Bさんのケースと似ている部分があります。
    夫は転勤族で、引っ越し後、喪失体験で引きこもりがちに。私も、地元に帰ればうまくいくと思っていました。でも、帰ってみると、居場所がなく、浦島太郎になった気分で、なんだかむなしいです。
    まずは、自己責任の姿勢で、今ここを充実させて、人生を立て直していきたいです。

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    selfcompass Reply:

    うさちゃんさん

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    エゴは自分の内面の不足感を外側に求めようとします。
    外側を埋めれば、自分の不足感が埋まる感じがするのですが、実は埋まっているのではなくフタをしているだけです…

    Bさんのケースと似ていらっしゃるんですね。
    この記事で何らかの気づきがあったこと、とてもよかったです。

    過去記事を読んでくださってありがとうございます。
    今後ともブログよろしくお願いします。

    カウンセラーよっし~

    返信

    うさちゃん Reply:

    えっ?!フタをしているだけなんですね。
    もっと学びたくなりました。
    今まで心理学をお金をかけて学んできたのですが、よっし~さんのブログが本当にわかりやすく、「そうだったのか!」という感じです。
    気持ちが楽になってきてます。
    ありがとうございます。

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    selfcompass Reply:

    うさちゃんさん

    そうなんです。
    実はフタをしているだけなんです(T_T)

    ビックリですよね。

    自分で不足感、ニーズを埋める必要があります。

    ブログを読んでくださってありがとうございます。
    分かりやすいとおっしゃっていただき光栄です。
    気持ちが楽になってきているのはよかったです。

    こちらこそありがとうございます。

    カウンセラーよっし~

    返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    よっし~(西川佳宏)

    心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら