無価値感がある人の恋愛パターン1

5月26日(日)に第二回 無価値感を理解するセミナーを行います。
前回の参加者からも好評だったので少しアピールさせてください。

ボクは出し惜しみするのが嫌いなので、できるだけ自分の知識をシェアするように心がけています。でも、どうしてもブログでは出し惜しみをしてしまっています。なぜなら、セミナーとの差をつけたいからです。
セミナーの方がもっと分かりやすく、きちんとまとめて説明しています。

せっかくなので、セミナーの内容を一部紹介します。
無価値感セミナーでは、無価値感の原因、無価値感から現れる症状、無価値感を克服する7つのステップについてお話ししますが、無価値感から現れる症状の一部を書きますね。

セミナーでは恋愛面で現れる10のパターンを紹介しています。

そもそも無価値感とは何でしょうか?

自分には価値がないと感じてしまう感覚や感情のことです。
「私はダメ人間だ」「私は愛される価値がない」「私は価値がないからどうせ認められない」「私は価値がないからやっても無駄だ」なんて感じる感覚ですね。

無価値感は多かれ少なかれ誰もが持っています。ただ、この感覚が大きすぎると苦しい人生になりがちです。仕事、友人関係、恋愛面でも弊害が現れます。
ここでは、恋愛面でのパターンをいくつか紹介します。

パターン1 恋愛が奥手

自分に価値がないと思うと、自分に自信がありません。
ですから、恋愛に対しても積極的になれないですね。

また、無意識の思いは、それを相手に映し出します。
「私は愛される価値がない」という無意識の思いを、相手に投影します。
「相手も私のことを愛さないに違いない」と思ってしまいます。
そういう証拠ばかり見つけてしまうんですね。勝手にそういう解釈をしてしまうんです。
だから、「やっぱりあの人は私のことが好きじゃない」って否定的な解釈をしてしまいます。
そう思うと、積極的に相手にアプローチしにくいですね。

また、自分に自信がなかったら、好きな人にありのままの自分をさらけ出すのが恐いです。
だって、さらけ出したら相手に嫌われると思うから。
だって、自信がないし…。

だからどうしても恋愛が奥手になってしまいます。
次回もパターンを紹介しますね。

5/26(日)第二回 無価値感を理解するセミナーの案内はこちら。参加申し込みはこちらから。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★【冊子版販売開始】生きづらいと感じている人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら