セッションメニュー

 カウンセリング 90分  15,000円
 5回コース90分  65,000円(90分×5回、通常価格75,000円)
 延長30分
 5,000円
セルフワーク講座(6か月対面)
72,000円(2018年1月~6か月間、募集中)
【新規申込制限について】
現在、セッションご希望者が多く、2017年のカウンセリング新規申込は終了しました。
新規申込は2018年からあらためて再開します。ブログやメルマガでご案内します。
尚、個人セッションを過去に受けてくださった方でセッションを再開したい方はお気軽にお申し込みください。
また、セルフワーク講座生の方々は新規申込も承りますので、遠慮なくお申し込みください。

【以前設定していたコースについて】
60分、120分、10回コースの設定は終了いたしました。現在、カウンセリングコースは90分、5回コースのみとなります。90分申込で60分でセッションが終わった場合は12,000円を適用いたします

営業日時について

すべての曜日で朝10:00~夜19:00(スタート)までです。
現在、セッションルームを共同利用しているため、奇数日(1,3,5,7…)に対面セッションを行っており、偶数日(2,4,6,8…)にスカイプセッションを行っています。但し、偶数日でも対面セッションできる日もありますのでお気軽にお問い合わせください。

セッション開始時間について

2017年11月~セッション開始時間を以下に限定することに致しました。
①10時or10時30分、②13時30分or14時、③16時or16時30分、④18時30分or19時。セッション開始時間は①~④でお願いしております。

継続セッションが基本となります(コースをオススメしています)

より自然体の自分でいられるようなサポートをしています。1~2回のセッションでは部分的な問題が解決できるにすぎません。セルフラブ(自己価値)を高められるとその後の人生が格段に楽に、心地よく生きられます。そこまでサポートしたいので私のカウンセリングは継続セッションが基本となります。とはいえ、相性やニーズ違いもありますので一度お試しいただいて継続するかどうかをご検討いただければと存じます。

コースについて

  • 5回コースは全5回、90分×5回 65,000円(通常75,000円、10,000円OFF)
5回コースは初回から6か月以内に全5回受講が要件です。期限を過ぎたものはセッション権利が無効になります。期限の延長はしませんので期限を気にされる方は単発でお受けください。

コースキャンセルポリシー

中途解約される場合は既に受講分のセッションは正規料金(90分15,000円)を適用し、キャンセル料1万円と振込手数料を差し引いた金額を返金します。

セッションキャンセルポリシー

当日のセッション開始3時間前までにメールでご連絡いただいた場合はキャンセル料はかかりません。
3時間前~セッション時間中にキャンセルのご連絡いただいた場合は、キャンセル料として5,000円いただきます。
ご連絡がなくキャンセルされた場合は、スカイプの場合はキャンセル料としてセッション料金のご返金は致しません。対面の場合は、キャンセル料として全額を請求いたします。

スカイプセッション可能

対面だけではなくスカイプでも可能です。スカイプアドレス:selfcompass
スカイプセッションは始めにタッピングの説明をするので、動画かつ、イヤフォン使用等、ハンズフリーの状態となるようお願いします。

お支払い

お支払いは対面の場合は現金、スカイプの場合は、事前にお振込みをお願いします(振込手数料はご負担下さい)。

セッションについて

セッションでの最終目的は「ありのままの自分で心地よく生きること」を目指します。セルフラブを高めることが目的です。そのためのテーマは今悩んでいることであれば何でも構いません。

セルフコンパスのセッションではテーマの解消を目指すことを目的としているわけではなく、テーマからセルフラブを高めることを目的としています。
結果的にはじめの悩みが解消していることは多々ありますが、症状の解消を目的としたカウンセリングではございません。詳しくはビジネスポリシーをご覧ください。

ビジネスポリシー変更のお知らせ

2017.02.20

ビジネスポリシー変更についての補足

2017.03.22
心の病気の場合、ありのままから外れているためストレスが限界になり、結果として症状が生じていると私は理解しています。そのため、単に症状を解消しようとしても、別の症状が現れるか、解決しないかです(薬は症状を抑えるだけに過ぎません)。そのため、根本原因である抑圧された思い(心の深くにある自己制限に結びつくビリーフ)と感情をケアしていきます。
心の病気の場合は、複数の問題が組み合わさっているので、50回くらいはセッションを受ける必要があるという覚悟でお申込みください。根本解決のサポートをします。

心の病気にまでなっていないけれど、悩みがあって苦しいという場合、自分と向き合う時期に来ている方は5回くらいのセッションで大きく変わる人も多いです。

私のセッションを強くオススメできる人たちです
私たちは自分の深い傷に触れたくないために、他者のせいや自分の何かのせいにして痛みを回避します。しかし、回避しているうちは解決しません。他者を責めたり、犠牲者意識、自己批判に終始しているうちは自分と向き合うことができません。理想や願望を目指すことで痛みを回避しようとする人も同様です。
私のカウンセリングは自分と向き合う覚悟がある方のみ受け付けています。
他者のせいにしたい方、理想や願望を目指したい方は私のカウンセリングに不向きなので他のカウンセラーやコーチからセッションを受けてください。
自分と向き合いたいけれど、向き合うのが恐い、または向き合い方が分からない人のためのサポートを精一杯いたします。

セッションのやり方はケースバイケースですが、まずは、何が最もその人の自然なあり方を妨げているのかを見つけようとします。ここが私の持ち味で特に自信があります!
それを見つけたのちに、最も効率よくその人が自然なあり方になれるかをワークしていきます。

ワークはEFTやマトリックス・リインプリンティング、オリジナルセラピーなどさまざまな手法を使って、最善のものをやっていきます。また、スピリチュアルな概念も使っていきますのでスピリチュアルに抵抗がない方にオススメします。

結果、セルフラブ(自己愛、自己信頼、自己尊重)が高くなり、自分のありのままで生きることができます。
そして、自分の魂、ハートに沿って本来生きたかった人生を送れるようになれます。

よっし~写真1圧縮

よっし~(西川佳宏)のカウンセリングの売り

  • 心の仕組みの理解、論理的思考能力に優れており、なぜ苦しみが起こっているかを論理的に説明できる。対面セッションではホワイトボードを使って苦しみの原因と何をやれば楽になるのかを説明しているので知的な理解が得られる
  • 知的な理解と納得に基づいてセラピーをするのでセラピーの変化が早い
  • クライアントさんから何が出てきてもそのままを認め、受け入れる許容量が大きい
  • 良い意味で気負っていないので安心して話せる雰囲気
  • セッション経験数は1,000回以上。セラピー(心理療法)の経験数が豊富
  • セラピー(EFT)の認定プラクティショナーを養成するトレーナーに認定されており、経験数はトップクラス

セッションで使うセラピー(心理療法)テクニック

マトリックス・リインプリンティング、EFT、フォーカシング、オリジナルセラピーなど

セッションのお申込み

セッションのお申し込みはこちらから。

セッションルームの場所

〒111-0053
東京都台東区浅草橋1-35-7 メゾン戸田701 東京セラピーセンター

JR総武線 「浅草橋駅」西口より徒歩2分
都営浅草線 「浅草橋駅」A4 出口より徒歩3分

埼玉県、神奈川県、西東京、千葉県からのアクセスも良好

埼玉、神奈川、西東京、千葉ともに主要駅から40分の距離
(大宮、横浜、立川、千葉よりいずれも約40分)

地図

駅からセッションルームまでの行き方

写真付きの詳細な行き方案内はこちら

JR浅草橋駅 西口からの行き方(徒歩2分)

西口(小さい出口)を出て左に行くと目の前に「野郎ラーメン」があります。右に曲がります。
すぐの交差点(パレットプラザ)を左に曲がります。
しばらく道なりに歩きます。
途中左側に京都MIYABI祇園というCaféがあります。
右手の駐車場(三井のリパーク・黄色の看板)を越え、左にもう一か所駐車場があります(ジャストパーク・オレンジの看板)。目の前に茶色のビルがある交差点を左に曲がって3つ目のビルが目的地となります。
正面がレンガの建物で「富士鞄工房」と看板があります。
ここ(メゾン戸田)の701号室です。
オートロックはございません。右手奥のエレベーターで6階まで上がり、右奥に階段がございます(×降りて正面の茶色の非常階段扉を開けない)
右奥の階段で7階までお越しいただき、玄関のインターホンを鳴らしてください。

都営浅草線 浅草橋駅 A4出口からの行き方(徒歩3~4分)

A4出口を出ると左にみずほ銀行があります。
そこの交差点を左に曲がり、3分ほどまっすぐ歩けば目的地です。
途中、右手に興産信用金庫、少し歩き、左手に黄色い看板のスーパーカエデがあります。
まっすぐ行くと交差点があり、直進します。
もう一つ先1つ目の交差点の左手に駐車場があります(ジャストパーク・オレンジの看板)。
その先3つ目のビルが目的地となります。
正面がレンガの建物で「富士鞄工房」と看板があります。
ここ(メゾン戸田)の701号室です。
オートロックはございません。右手奥のエレベーターで6階まで上がり、右奥に階段がございます(×降りて正面の茶色の非常階段扉を開けない)
右奥の階段で7階までお越しいただき、玄関のインターホンを鳴らしてください。