ハート中心=ハッピー、ではない

前回の記事「ハート中心で生きるということ」で書いたように、今はハート中心で生きることの心地よさを体感しています。

でも、これは今だから心地よいのであって、昔だったら同じハート中心であったとしても心地よくなかったんだろうなと思います。

必ずしもハート中心=ハッピーなわけではありません。

生きていくうえでの心地よさを決めているのは、自分にどれだけバッシングなしでいられるかだと思います。

これがセルフラブの高さです。

自己嫌悪、自己否定、自分への励まし、叱咤激励の思考が多いほど、苦しくなります。

「セルフラブ=自己愛=ありのままの自分をどれだけ受け入れているか」
ですから、セルフラブが高いほど、自分へのバッシングが少なくなります。

セルフラブが低いと、ハートの選択をしていても自己否定の思考がよぎります。
「本当にこの選択でよかったんだろうか」
「どうせうまくいかないに違いない」
「失敗したらどうしよう」
「負け犬になりたくない」
「才能ないし」
「お金が持たないかもしれない」…

とにかくたくさんのネガティブな思考がよぎるでしょう。
すると、いくらハートの選択をしていても楽しいわけではありません。
やっぱり苦しいんですね。

また、自分を縛るビリーフが強いほど、ハートの選択を妨げるので、余計に苦しくなります。
「正しくなければいけない」
「損をしてはいけない」
「間違ってはいけない」
「失敗すると嫌われる」
「できない人間は価値がない」…

たくさんのビリーフがハートの選択から逸らしてしまいます。
また、せっかくハートの選択を選んでも、自信がなくて途中変更してしまうかもしれません。

たとえば、「がんばらなければいけない」というビリーフが強くあるとします。
そして、今のハートの選択が、がんばらずに休むことだったとします。
すると、ハートの選択を選んだとき、がんばらない自分にバッシングが起こります。
ハートの選択をしているのに苦しいわけです。
そのため、往々にしてハートの選択から外れてしまいます。

shutterstock_171977414
やりたいことをやれば成功するわけでもありませんし、
やりたいことをやれば必ずしも楽しいわけではありません。

むしろ、その人のあり方の方が大事です。

ありのままの自分を受け入れている度合いが高く、それでいてハート中心で生きているとき、自分へのバッシングなく、ただハートに寄り添うことができます。
そのとき、本当に心地よくいられます。

なので、やっぱりセルフラブが大切だなぁとあらためて思いました。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★【冊子版販売開始】生きづらいと感じている人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら