自分自身であれ

ボクは20代のころOSHOというインドの覚者に魅かれました。
OSHOの本をたくさん読みました。

OSHOのメッセージの中で一番魅かれたのは、「自分自身であれ」ということ!

社会は誰も「自分自身であれ」とは教えてくれません。
むしろ、社会の都合の良いようにしようとします。

勉強、スポーツ、芸術、態度など、社会の一定の価値観に沿って、私たちは枠に嵌められます。

その枠から出るものは、落伍者のレッテルを貼られます。

ボクは引きこもりの人や社会の落伍者の人たちは、枠に嵌ることがどうしても難しい繊細な人なのだと思っています。

でも、その繊細さこそ、本来大切な資質であると思います。

ボクもその繊細さを持っていたから、自分自身であることに強烈にあこがれ、自分自身であろうとしているのだと思います。

ボクのカウンセリングの師である溝口あゆかさんに魅かれたのも、あゆかさんが「ハートをベースにすること」を提唱していたからです。

何かの価値観を当てはめるのではなく、むしろ、剥がしていき、自分のハートがベースとなる生き方のメソッドを教えてくれました。

shutterstock_141254080
社会や大人たちは、たくさんの価値観を与えます。
それはこの世の中を生きやすくする価値観なのかもしれません。
親切でやっているのでしょう。

しかし、私たちの本来の資質とその価値観が合うとは限りません。
むしろ合わないことがほとんどです。

すると、恐れが生まれます。
価値観の枠から外れる恐れが出ます。

社会が自分を拒絶し、孤独になる恐れ
バカにされて自分の体面を失う恐れ
他人が自分をあざ笑う恐れ
他人が自分を攻撃する恐れ…

そのため、私たちは他者を意識せざるを得ません。
自分自身でいることが許されないのです。

生きづらいと感じる人が出てきて当然のことです。

しかし、真の満足は社会が与えた価値観に沿って、価値観内の勝者になることによってではありません。
それでは、真の喜びは味わえません。
なぜなら、あなた自身の本質的な価値観(ハート)を満たすものではないからです。

自分自身であることはとても難しいです。

それは他者に批判される恐れを受け入れる必要があります。
たくさんの恐れを受け入れ、それでも自分自身であろうとする絶大な勇気を必要とします。

それでも、ボクは自分自身であるほうを選択したいです。

他人の価値観に沿って、世間から称賛された生き方をするよりも、仮に、世間から拒絶されようとも、ハートに従った生き方を選びます。

そういう人のサポートがしたいと思っています。
自分自身であることの心地よさ、真の満足を味わってもらいたいです。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★【冊子版販売開始】生きづらいと感じている人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

2 件のコメント

  • 今回の内容、すごく分かりやすかったです。
    そしてとても胸に響きました。
    今の私に必要な言葉だったのだろうと思います。
    何度も読み返させてもらいます。
    よっしーさん、いつもありがとうございます。

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    selfcompass Reply:

    あーやさま

    こんにちは。よっし~です。
    胸に響いたとのこと、よかったです♪
    今回の記事は我ながらよく書けたと思います(笑)

    こちらこそ、ブログを読んでくださってありがとうございます。

    よっし~

    返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    よっし~(西川佳宏)

    心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら