アドバイスはほとんど意味がない

「あなたはもっと積極的に話したほうがいいと思うわ」
「もっと髪型を変えたほうがいいんじゃないかしら」
「もっと行動を増やしたほうがうまくいくと思うよ」
「実はその嫌な経験自体があなたの役に立っていると思えばいいんじゃないの」
「俺の経験はこれでうまくいったから、こうすればいいと思うよ」

ハッキリ言いますが、アドバイスはまったく役に立ちません。
少なくとも、こちらが求めてもいないアドバイスは役に立たないどころか有害であることも多いので無視しましょう。

もちろん、相手はあなたのことを思って、思いやりで言っています。
だから、相手に悪気はありません。それゆえに余計タチが悪く、相手の言うことを無視できなくなります。

アドバイスする側と自分では資質も環境も状況も経験も違います。それが変われば有効な方法もまったく変わってきます。その人にとっては有効でも自分には有害だったということもしばしばあります。
いちいち気にすることで自分自身を失っていきます。自分の心地よさを失います。
本来の指針(コンパス)はハートの声です。
どんな優れた人で尊敬している人であろうが、他人のアドバイスよりもハートの声を優先したほうが、あなたにとっては心地よいはず。

5d928b821c35e530cbcf1bd4bd800382_s

他人のアドバイスに反応する人は、境界線を越えられています。
本来ならば自分で判断するべきこと、責任を持つべきことを相手に委ねています。
そのため、居心地が悪いのです。

では、逆にアドバイスする側の心理としてはどうでしょうか。
アドバイスを求められていないのにアドバイスをするのは、その状況に自分自身が耐えられないからです。感情的に耐えられないからです。
実はその奥底にはその人自身がその人の人生を切り開く力がないと思っているから、アドバイスしたくなるのです。
心の底では相手を信頼していないんですね。それはイコール自分を信頼していないことでもあります。
この世は投影の世界ですから。
だから、自信ありげに求められてもないアドバイスをする人は、一見正反対に見えますが、無意識では自信がないのです。

カウンセリングも一緒ですね。
アドバイスをするというのは、クライアントの状況にカウンセラー自身が耐えられないから、ついアドバイスをしてしまいたくなってしまうんです。境界線を越えてしまうのですね。
でも、アドバイスはほとんど無駄ですので、アドバイスをしてもいいことにはなりません。
だから、セッションではこうしたほうがいいというのは基本言いません。ただし、自己ワークはこうしたほうがいいというようなことはいいますが、基本的にはクライアントさん自身の選択に委ねます。
境界線を意識してセッションを行います。

アドバイスは境界線越えとはいえ、相手からアドバイスを求められたケースでは当てはまりません。相手が求めていることに応えているので境界線を越えていることになりません。
ただし、自分自身の気持ちも大切ですね。アドバイスしたくないと思ったら、しなくていいのです。境界線だけではなく自分のハートも大切です。

仮にアドバイスされたら自分にとって心地よいものだけ選択すること。
そして、求められていないアドバイスは誰が言おうが大きなお世話だということを認識すること。

他人のアドバイスで自分自身を見失う人が多いので、このことを頭に入れておくと楽ですよ。
ボク自身も自分を戒めるようにしています。


【お知らせ♪】
★【満員】2017年7月開講セルフワーク講座6か月コース
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら