自己ワーク例「私は悪く誤解されたくない」

今月から毎月に渡って自己ワーク講座を開催しますが、もちろんボク自身がたくさん自己ワークをやっています。
一つボクの例を紹介しましょう。

自己ワークは身近に起きた出来事で感情が動いたものを扱っていきます。

以前、Amazonのマーケットプレイスに商品を出品し、注文があってその日中にメール便で発送しました。
すると、3日後に注文者から「まだ届きません。他で頼んだ商品はもう届いています」とメールが届きました。
そのときにボクはムカッときたんですね。
「知らんがな」「オレの責任じゃねーし」「なんでもう少し待てないんだろう」…なんて思いが湧きました。

ボクはメールをどう解釈したかと言うと、自分が責められているように感じたんです。
ボクに落ち度があると言われているように思ったんです。

そして、ボクの怒りのポイントは、発送会社の問題や本人の認識不足の問題をこっちの問題だと思われているところでした。

そして、ボクは「私は悪く誤解されたくない」という思い(価値観)が強いということが分かりました。

そんな思いが強かったら、ボクはどういう行動をするでしょうか?

他人の評価を気にするような行動をしますよね。
あるいは他の人に気に入られるようにがんばってしまうのです。
すると、自分らしさを失い、ハートにも従えなくなるので、「苦しい」わけです。
ハートに従うことを説いている立場のボクなら尚更苦しくなります。
この思考がボク自身を苦しめていることが分かります。

では、「私は悪く誤解されたくない」という思いはどこから来たのかを見ていきます。

ボクは悪く誤解されることで何を恐れているのかを見ていくと、自分が傷つくこと、苦しむことを恐れていることが分かりました(ここは人によって何を恐れているかはまったく違います。人それぞれです)。
傷つくこと、苦しむことを恐れているというのは、それだけ過去の傷が強いということを意味しています。
また、悪く誤解される自分は、弱々しく、仲間外れになり、見捨てられ、孤立し、味方がいない状態になると思っています。ここが、ボクが一番恐れていることです。
ここの恐れを過去に感じたから、そこを守るために無意識で防衛行動を取っているんですね。
そして、過去の恐れをEFTなどのセラピーで解放することで、「私は悪く誤解されたくない」という思いが弱まります。
すると、投影が変わるので、見ている世界が穏やかになるんです。
もちろん、悪く誤解されたら誰もが嫌に思うでしょうが、ここをワークするとその思いがぐっと少なくなるんです。

この一連のことを自分自身でワークできるようになるのが、自己ワーク講座の目的です。
●どういうふうに出来事から掘り下げていけばいいのか
●掘り下げて見つけた「思い」や「感情」の原因となっている記憶にどうやってアクセスすればいいのか
●その記憶をどうやって癒せばよいのか
ここを丁寧に解説していきます。
ボクの長所は、人にわかりやすく体系的に説明できる点です。だから、この手の手法を説明するのは自分自身でも適任だと思っています。
毎月コースでは一つひとつのテーマをじっくり掘り下げていきます。
集中コースでは自分の投影の見つけ方~解放の仕方までを一気にレクチャーします。
正直かなり自信があるセミナーです。
空きも少なくなってきましたので早めにお申し込み下さい。


【お知らせ♪】
★【満員】2017年7月開講セルフワーク講座6か月コース
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら