自然体の自分でいることを妨げているもの  その2

自然な状態とは?

前回の記事「自然体の自分でいることを妨げているもの その1」で、自然な状態はどんな状態かを説明しました。

私が今思うのは、偏りがないこと、バランスが取れていることです。

執着が不自然を生む

私たちは何らかの執着をしています。

好き嫌いは執着です。

自分が嫌いな要素がたくさん(強く)あるほど、執着は大きくなります。

その部分を自己否定したり、そうならないようにしようとしたり、否が応でもそこに振り回されます。

執着こそが不自然を生みます。

一方に偏りつづけるので。

そのため、セルフワーク講座では自分が嫌いな要素を探っていきます。
気づいているものだけでなく、無意識で否定、抑圧しているものを見つけていきます。

そして、セラピーによって執着を外すワークをしていき、より「自然」になるわけです。

嫌いな要素はある意味分かりやすいかもしれません。

「当たり前」と思っているところが一番気づきにくく、カウンセリングを受けてくださる方は、そこに気づくことができ、目からうろこなことが起こってびっくりされるわけですね。

毎回そうなるわけではありませんが、そうなったときはクライアントさんも私も「ばんざーい」という感じです

「常識」から執着しているものを探す

ブログを読んでくださっている方にもヒントをお伝えします。

道徳的なところは、多くの人が当たり前に正しいと思っています。

常識だと信じて疑っていません。

そこをはがしていくことを目的に書いていきますね。

思いついたものを羅列します。できるだけ常識的なものを書きました。

明らかに不合理であるルールは、「不自然」であることが自分でもわかるのでそれは除きます。

他にも「こんなのはどう?」というものがあればコメントください。いい題材であればそれをテーマにして記事書きますね。

当たり前ビリーフ(ルール、価値観)

①「怒ってはいけない」
「人を妬んではいけない」

②「人を嫌ってはいけない」
「悪口を言ってはいけない」
「愚痴を言ってはいけない」

③「公平に扱わないといけない」
「人を支配してはいけない」

④「相手を傷つけてはいけない」
「いじめてはいけない」
「暴力を振るってはいけない」
「相手を冷たくしてはいけない」
「自分が嫌がることを人にしてはならない」

⑤「がんばらなければいけない」

⑥「ポジティブでなければいけない」
「前向きでなければいけない」
「感謝しなければいけない」
「勇気を持たなければいけない」

⑦「嘘をついてはいけない」
「約束を破ってはいけない」
「誠実でなければいけない」
「人を裏切ってはいけない」

⑧「自分の要求を言ってはいけない」
「自分の心に正直でなければいけない」

⑨「煩悩を持ってはいけない」
「性欲を求めてはいけない」

⑩「ご飯を残してはいけない」
「物を粗末に扱ってはいけない」

一見、ほとんどのものが理にかなっているように思えます。

だからこそ無意識に執着してしまいます。

執着は不自然を生み出します。

では、それぞれどのように不自然を生み出すかを見ていきましょう。

①「怒ってはいけない」

怒ってはいけないと思っていると、怒りを無意識に抑圧します。

このビリーフが生まれた理由は人それぞれですが、怒られて傷ついた人がそうしないようにしようと思ったり、親が怒っている人で親のようにならないようにしようと思ったり、単純に強く教え込まれたことが原因かもしれません。
相手から怒られる恐怖が強すぎて、怒れない人もいるでしょう。

怒っている人を見るのはあまり気持ちが良いものではありません。

また、自分が怒ると相手が委縮したり反論されたりするのも嫌でしょう。

だから、「怒らない」に越したことはないので、怒ることを止めます。

怒りが本当にない人であればよいのですが、そんな人はいません。
怒りは当たり前に存在する感情で、なくなることは「不自然」です。

怒りを抑圧すると、怒りのエネルギーが溜まり、キレて相手に攻撃したり、相手から去ったり、我慢しすぎて心身に影響を与えます。

極端な行動を取るのは、「不自然」な状態にまで我慢し続けたからです。

今まで怒りを我慢してきた人が、そこに気づいて、「もう我慢するのをやめよう」と思ったとき、極端な行動に出ることがよくあります。

相手に怒りを直接表現するのですが、今までの怒りのエネルギーが溜まっていることと、今まで感情表現がうまくできなかったため、表現が下手なので、かえって人間関係がうまく行かなくなります。

「感情を出してもうまくいかなかった。一体どうすればいいの!」となります。

極端から極端に行っていることに気づいていません。

怒りを抑圧している人が怒りに気づいて、抑圧を止めようとするのは癒しにおいてとても大切なことです。

そこでオススメするのは、相手に怒りを直接出すのではなく、怒りのエネルギーを別の方法で発散することです。

EFTや、身体を動かすやり方(ぞうきん投げとか)、紙に書き殴るとかがオススメです。

オススメ記事「怒りをコントロールする方法

怒りをコントロールする方法

2015.08.10

ある程度怒りのエネルギーが小さくなったときに、相手に言いたいことがあればそれを言えばいいです。

そのときも、相手を尊重しつつ、自己主張するアサーティブな言い方が望まれます。

「人を妬んではいけない」

これも怒ってはいけないと一緒ですね。
自然にある感情を抑圧することになります。

これについては、過去記事「嫉妬しない方法~嫉妬する自分を責めてしまう人へ~」が参考になるでしょう。

嫉妬しない方法~嫉妬する自分を責めてしまう人へ~

2014.04.11

全部書いていったらすごい分量になりますので、次回に続きます。


【お知らせ♪】
★【満員募集終了】パートナーシップ問題の真の意味を理解するセミナー
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら