何かができないことと自己価値をリンクしてしまう罠

前回のブログで、何かができないことを自己価値と結びつけてしまうことを説明しました。
そして、そこのリンクを外すことがセルフラブを高めることであることも説明しました。

「勉強ができない」=「そんな自分は価値がない」
「スポーツができない」=「そんな自分は価値がない」
「○○ができない」=「そんな自分は価値がない」

こんなリンクを自動的にしてしまうから、苦しくなるんですね。
苦しいからこの苦しみをなくすために、

「勉強ができない」→「勉強できるようになろう」
「スポーツができない」→「スポーツができるようになろう」
「○○ができない」→「○○ができるようになろう」

と、考えるのです。
あるいは、
「勉強ができない」→「代わりにスポーツをがんばろう」
「スポーツができない」→「代わりに勉強をがんばろう」

と考えるかもしれません。これもよくあるパターンです。

私たちは無意識に自己価値を上げようと、せっせとがんばっています。
「自分は価値がない」ということを感じるのは苦しいので、勉強やスポーツ、その他のあらゆることをがんばります。

でも、ここにゴールや幸せがないことが分かりますか?

escher_AscendingDescending_detail_twon
そもそも、「勉強ができない」=「そんな自分は価値がない」という方程式自体が間違っているからです。
だから、どんなに勉強ができるようになったとしても、自己価値は上がらないのです。

自己価値を上げようと、必死でいろんなことをがんばっています。でも、そのがんばりは自己価値の上昇につながらないとしたら、何のためにやっているのでしょうか?
もったいないですよね。

がんばることは素晴らしいことなんですが(同様にがんばらないことも…)、自己価値を上げる幻想のために社会の価値観に従ってがんばるのはすごく無意味なんです。ボクはここに気づいたときに愕然としました。これまでなんてもったいないことをしてきたんだと思いました。
がんばるのは自分の心が躍ること、ハートが導くもの、心地よいもの、楽しいことをやる方が断然よくありませんか?
ボクがセッションやセミナーを通じてハートに従うサポートをしているのは、この方が断然楽しいし、楽だからです♪

ただ、「ハートに従う=価値がある」訳でもないんですね。
どうあっても自分には価値があるんですよ!
あなたが今置かれた状況がどうであろうが、あなたが過去に何をしてようが、してなかろうが、将来何をするか、何をしないかにかかわらず、あなたは価値ある存在であり、それを認められるのはただ、自分だけなのです。
あなた以外の地球上の人間がどれだけあなたを認めようが、あなた自身が認めなければ自己価値は低いままであるし、逆に地球上のすべての人間があなたを非難しようが、あなたがあなた自身にOKを出せれば、自己価値は毀損されません。
自分次第だからやりがいがありますね。


【お知らせ♪】
★【満員】2017年7月開講セルフワーク講座6か月コース
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら