相手の価値観に共感する必要はない

ボクたちが人間関係で重視するのは、相手との価値観ですね。
やっぱり価値観が合う人のほうが居心地が良いし、楽しいです。

ただ、ここで言えるのは、価値観が完全に合う人なんて世界中探したってどこにもいないということです。
ボクたちの価値観は数万とありますから。
価値観がぴったり合うような理想のパートナー探しは、徒労に終わるでしょう。

あまり、価値観にこだわると、人間関係が狭くなってしまいます。
だから、相手の価値観に共感してあげようと努力されているでしょう。
でも、相手の価値観に共感しようとする努力はたいていうまく行きません。
そもそも価値観が違うのですから、心からの共感にはならず、表面的に「分かるよ」と言ってあげているだけで、相手もそれを見抜きます。

ここで大切なのは、相手の価値観に共感しようとするのではなく、自分と価値観が違うことを認めるということです。ただ違うことを認めるだけでいいのです。
「この人は私と価値観が違うな。こういう考え方を持っているんだな」と理解してあげることが重要です。
理解してあげるだけで全然違うんです。価値観が違っても、その相手がOKだと思えるようになります。

相手の価値観への共感ではなく、共感できない相手を理解してあげること。そうすることが相手のありのままを受け入れるということです。

相手が自分と価値観が違っているのは当たり前。自分の価値観を押しつけるのではなく、自分の価値観の正しさを証明しようとするのではなく、相手の価値観を理解してあげて、そのまま尊重してあげること。
その人をそのまま受け入れることができれば、価値観が合わなくても居心地がいい関係が築けます。
無駄に争うことなく、お互いが心地よくできる選択肢を模索できますから。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★【冊子版販売開始】生きづらいと感じている人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら