カウンセリング・セラピー

フォーカシング

先週の3連休はフォーカシングセミナーに行ってきました。
始めは「フォーカシングだけで3日間もやることあるのかな?」って思っていましたが、とても奥が深いですね。
3日間学んでよかったと思いました。

フォーカシングとは心理学者のユージン・ジェントリン博士が開発した心理療法です。
ジェントリン博士は成功したカウンセリングセッションの事例研究を行っていました。そして、成功したセッションにはある一つの特徴があることが分かったのです。
成功したセッションではクライアントは身体の感覚を感じていることを表現していたのでした!
問題について身体で感じていることに注意を向けることで、不快感が減少したり、新たな意味に気づいたりします。これを「フォーカシング・プロセス」と呼びますが、それを起こしやすくする一連のテクニックが「フォーカシング」です。
フォーカシングはクライアント手動で行います。セラピスト側はほとんど積極的介入をせず、傾聴が基本です。

1a1f4752e9493c17a31d234ecd5b6941_s
ボクのセッションでは技法としての「フォーカシング」は使っていませんが、身体の感覚を感じてもらうことは必ずやっています。フォーカシング的要素を取り入れたセッションを行っています。
身体の感覚を感じることでセッションでは次のようなメリットを感じています。
①潜在意識の深いところに入りやすく、潜在意識の言葉を見つけやすい。
②ネガティブな感情との分離が図りやすく、EFTなどのセラピーの効果が高まる。
③感覚の原因になっている過去の記憶にアクセスしやすくなる。

また、身体の感覚を感じることは次のようなメリットがあります。
①身体の声や感覚が分かるようになると自分の本心が分かる。
②身体の感覚になじんでいくと感情の解放のスピードが上がる
③身体的な不快症状を和らげることができる。

感情と身体の感覚は密接に結びついていて、身体の感覚になじんでいるほど、自分の身体の声が分かり、どうしたら自分にとって心地よくいられるかが分かります。
そういう意味で身体には「コンパス」が入っています。身体の声が自分の心地よさを教えてくれるのです。ちなみに「セルフコンパス」の由来もここにあります。
身体の声に反することをやっていくと、うつ病になったり、身体症状に不快感や病気が起こります。
頭の声(思考)は、自分の価値観に従って指令を出します。それは植えつけられた価値観が中心です。
でも、身体の声は必ずしもそれと一致しているわけではありません。身体の声は自分オリジナルの価値観です。

よくあるのが、「がんばらなきゃいけない」という頭の声と、「休みたい」という身体の声ですね。
身体の声を無視して、突っ走っていると身体と心に不調が起こります。身体を守るために強制的に活動をストップさせるメカニズムが「うつ」と言われています。

私たち現代人は思考中心です。身体の声を聴くことは全くやっていません。
ボクも癒しの道に進む以前は、身体の声を聴くという意味がまったく分かりませんでした。感覚も感情もあまりよく分かりませんでした。
でも、感覚や感情となじむことによって少しずつ身体の声が分かってきます。
身体の声については次回続きを書いていきますね。


★【無料オンライン講座】境界線入門講座動画を無料提供しています
★【メールマガジン】メルマガでは毎週金曜日にブログ記事とは異なる濃い情報を書いています。ぜひご登録ください!

※本を出版しました!
★【2019年9月発売開始】自分をダメ人間と責めることを終わりにするための本です!
「ダメ人間の終わり」

★【2019年9月発売開始】投影・ビリーフなどの心の仕組みを徹底解説しています!
「HSP・繊細な人が苦しみを楽にして自分らしく生きる方法」

★【Amazon販売中(2017年)】生きづらい人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

Kindle Unlimitedで上記3冊が無料で読めます!

下記の2冊はBCCKにて購入できます(2013年発行)
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」

ABOUT ME
西川佳宏(よっし~)
西川佳宏(よっし~)
境界線専門カウンセラー。境界線(バウンダリー)専門・心理カウンセリング「セルフコンパス」代表。 会計事務所・外資系証券会社・医療設備メーカーでの10年超の会社員経験を経て、2012年6月にセルフコンパス設立。英国HOLISTIC HEALING COLLEGE Integrated Counselling Diploma取得。心理カウンセラーとして境界線を適切に引くためのサポートを提供。 特に効果が高いのが人間関係の悩み、自己肯定感が低い悩み、過剰責任感・完璧主義の悩み、罪悪感の悩み、HSPの悩み、不安・恐怖の悩み、うつ・不安障害の悩み。 柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら

POSTED COMMENT

  1. 柳本節子 より:

    私はフォーカシングのトレーナーをしているのですが、
    このようにフォーカシングを端的に、解りやすく紹介して下さって、ありがとうございます!
    よっしーさんのブログに出会い、溝口あゆかさんを知り、とても素晴らしいものに出会った感じで、ワクワクしています。これからもよろしくお願いいたします。

    • 西川佳宏(よっし~) selfcompass より:

      柳本節子さま

      コメントありがとうございます。とってもうれしいです。
      フォーカシングのトレーナーをされていらっしゃるのですね。フォーカシングセミナーを受け、フォーカシングの奥深さを知りました。セッションするにはかなりのスキルと経験が必要だということも実感しました。トレーナーをされていらっしゃるのはすごいなぁと思います。
      ブログを読んでくださってありがとうございます。私のブログから溝口あゆかさんを知っていただいたのですね。
      あゆかさんのブログ、セミナーはダントツに素晴らしいです。出会い、本当によかったですね。
      こちらこそこれからもよろしくお願いします。

      カウンセラーよっし~

  2. 柳本節子 より:

    フォーカシングをしている時、私の内に確かなもう一人のわたしが確実に応答してくれている体験をします。
    コンパスの存在、まさにそうですね!
    今までの臨床心理が、ほとんど自我の領域でのことで、これでは私は癒されない、救われない・・と頭打ちになった数年前に、自然にスピリチュアルな世界に導かれました。今私は「自分を本当に愛することって?」といったことに取り組み始めています。 そんな矢先に、よっしーさん、あゆかさんを知りました。
    ワンネスを見据えた心理学に、これだ!と身体の感覚は、ワクワクし、うれしくて・・拡がっています。

    • 西川佳宏(よっし~) selfcompass より:

      フォーカシングをしているときの体験は頭では予想もつかなかったような変化が起きます。
      からだ自体が英知を持っているんだなぁと感じます。
      体験がその人によってオリジナルというのがいいなぁと思います。
      柳本さんのワクワクし、うれしくて、拡がっている感じ、とってもいいですね。
      あゆかさんの心理学はとってもよいですよ。
      ボクはワンネスを見据えた心理学は語れませんのでまだ勉強中です。お互い楽しんで学んでいきましょう。
      よろしくお願いします。

      カウンセラーよっし~

selfcompass へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です