自我(エゴ)の成長プロセス 中

自分の価値観の中でどんなに価値を上げても、本当の意味で価値は上がったと感じないのはどうしてでしょうか?

それは、他人から植えつけられた価値観だからです。
親や友達、学校、社会、世間から植えつけられた価値観の中で価値を上げても、満足感は一時的なもので、どこまでがんばっても精神的な満足面では報われません。

エゴは、価値観を満たすものを「善」とみなし、満たさないものを「悪」とみなします。
たとえば、「偏差値60以上の学校に入るべき」という価値観であれば、「偏差値60以上の学校へ入学=善」となり、「偏差値60未満の学校へ入学=悪」となります。
このとき、もし、偏差値60以上の学校に行くことができなければ、自分を責めることになります。
また、偏差値60以上の学校に入っている人を評価し、そうでない人を見下すこともあります。
もちろん、価値観はたくさん持っており、複合的に組み合わさっているので実際はそんなに単純ではありませんが、分かりやすく単純化しています。

そして、エゴは必ず、自分を「善」の側に設定します。そして、「善」であろう、「善」になろうとし、「悪」になることを恐れます。
この基準となる価値観の呼び方はたくさんあります。このブログでは「ビリーフ」という言葉をよく使いますが、「思い込み」「信念」「べき」「ルール」「ものさし」などの言葉もよく用いられます。
投影の動画では、「DVDのタイトル」という表現を使いました。

この記事では「価値観」という言葉を使いますね。
ボクたちは、この価値観を数万と持っていますが、価値観がある以上、かならず「善」「悪」というレッテルが自動的に貼られます。
だから、ボクたちの住む世界は「善悪二元論」の世界です。

ところで、善悪のレッテルを貼らずに、ただ、あるがままにそのものを見ることができる世界を「非二元」の世界といいます。主体と客体の分離がありません。これがいわゆる悟りや目覚めの世界ですね。エゴを通さずに見ている世界です。エゴを通して見ていないため、善悪のレッテルを貼ることがありません。
しかし、悟っていないかぎり、つまりエゴを通す限り、善悪のレッテルは必ずあります。

エゴは自分が持っている価値観の「善」を目指す行動を必死でがんばっています。
これは正直苦しい行為です。
なぜなら、がんばっても成功しても、エゴが肥大するだけで、本質的な満足感を得られないし、成功しなければ、自分に価値がないように思い、ますます自分を責めてしまうからです。
つまりどちらに転んでも苦しいということになります。

だから皆、苦しいですよね。生きていくのは苦しいんです。

そこで宗教が出てくるわけです。
生きる苦しみの救済として。
宗教、たとえば、キリスト教や仏教は何を説いているかというと、自分の価値観から神の価値観へ転換しろと言います。

では、神の価値観とは何でしょうか?

こちらもあわせてお読みください。
自我(エゴ)の成長プロセス 上
自我(エゴ)の成長プロセス 下


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★【冊子版販売開始】生きづらいと感じている人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら