清く正しく美しく…完璧主義の罠

完璧主義や真面目な人、誠実な人に陥りがちなことですが、素晴らしい人間になりたい、ありたいという願望です。
それ自体は、とっても素敵なことです。
ぜひ素晴らしい人間になっていただきたいと思います。

ただ、素晴らしい人間になりたいという欲求が、素晴らしい人間になるのを妨げるという「罠」があります。
その「罠」は、自分の中の闇の部分を切り捨てるということです。

たとえば、「親の面倒を見たくない」、「パートナーを愛していない」、「あいつを殺したいくらい憎い」、「怒り飛ばしたい」、「暴力をふるいたい」、「悪意を持っている」、「人をだましたい」…
こんなことをタブー(禁止)にし、そんなことを思う自分を「いけない、ダメ」と責めます。
そして、そんなことは思ったことがないようにうまく演じ、自分自身をだまして、タブーを無意識に押し込めます。

でも、タブーにすればするほど、大きくなっちゃいます。
無意識に押し込むほど、それがパワーを持ちます。

大事なことは、「思うこと」と「やること」は違うということです。
「暴力をふるいたい」と思うことと、実際に暴力をふるうことはまったく違います。
思うことに対しては、タブーにする必要はないんです。
イメージでいくら殴ってもいいです。

ボクたちは人間ですから、思考と行動の間で、「選択」ができます。
殴りたいほどの怒りがあったとしても、「相手に感情を表現する」「相手を少し注意する」「何もしない」「相手に怒りをぶつける」「相手を殴る」…などたくさんの選択肢の中から行動を選ぶことができます。
だから、自分の中の闇をタブーにしないでください。

そして、その闇も必要だからあるんです。
その闇が実はボクたちを守ってくれていたこと、味方であったこと、感謝すべき存在だったことを知ったとき、その闇の存在意義が消えます。
癒しの道を進んでいくとこのことが実感できるようになります。

自分の中の闇、すごく嫌な部分、汚い面、ひどい面、弱い面も見てあげてくださいね。
イメージで抱きしめてあげてください。
何が言いたいか聞いてあげてください。
すると少し、闇とお友達になれますよ。


【お知らせ♪】
★【満員】2017年7月開講セルフワーク講座6か月コース
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★【新刊!】生きづらいと感じている人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

2 件のコメント

  • よっしーさん(*^_^*)

    完璧主義は、ほんま自分を抑圧するだけでなく、その抑圧している分、他者にも完璧を求めてしまいますね。

    そんなん、どんどんしんどくなるだけやん!!(笑)
    って、元完璧主義は思います(^_-)-☆

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    selfcompass Reply:

    アシュタンギーニさんも元完璧主義者でしたか(笑)
    ボクも元完璧主義者ですよ。
    抑圧が強いとその分投影が強くなりますから、苦しい世界の出来上がりですね。
    だから抑圧せずに素直に感情を感じてあげることが大切ですね。

    返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    よっし~(西川佳宏)

    心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら