ハートシフト

自己主張できる力の源になるもの

ハートは思いやりと意志

3つ前の記事で、ハートには二つの要素があり、愛と意志と書きました。

ハートには二つの大事な要素があるハートには二つの要素がある ボクは「ハートで生きる!」ということを大きなメッセージにしています。 ハートというのは抽象的な言...

愛というのは抽象的なので、ここでは「思いやり」と言い換えます。

思いやりと自分の意志の両方を兼ね備えることがハートです。

自分の意志が弱くて、思いやりが強く、他人軸になっている人は、意志や強さが課題です。

逆に、自分の意志が強くて、思いやりが少なく、わがまま的自分軸になっている人は、思いやりや共感、慈悲が課題です。

自己主張できる力の土台となるもの

ボクは主に前者の人向けにメッセージを発しているので、前者の人の課題である意志について書いていきます。

これは自分の考えや意見を大事にして、自己主張できる力でもありますが、通常、そのためには何か土台となるものが必要でしょう。

たとえば、自分が社長であれば、もっと言いたいことを言えるのではないでしょうか。

あるいは、お金があればどうでしょうか。
生活するに困らないくらいのお金があったら、自由に主張できるはずです。

あるいは、たくさんの支持者がいればどうでしょうか。
そうなると、少々嫌われても平気ですから、自由に主張できるでしょう。

または、正しい意見とか、証拠となる研究を土台にした意見であればどうでしょうか。
それなら自信をもって伝えらえるはずです。

なので、自己主張するには、権力や地位、専門性などの知識、お金、支持者、正しさが自分の力になってきます。

これが一般的な力の源泉ですね。
意志の力の源になるものです。

条件付き力

これらが力の源になるのは間違いありません。

ところが、これ以外にも意志の力の源になるものがあります。

先に挙げたお金などは、条件付き力です。

お金があれば自己主張できるというもので、お金という条件が自分に力を与えます。

条件付き力の欠点は、お金がない状態なら自己主張できなくなり、条件に振り回されてしまうことです。

条件を整えることにエネルギーが向いてしまい、条件が整わなければいつまで経っても自信がつきません。

無条件の力

条件付き力と対になるものが、無条件の力です。

お金がなかろうが、支持者がいなかろうが、証拠となる正しさに欠けていようが、自分の地位が低かろうが、関係なく「私はこう思う」「私はこう生きる」「私はこれを選択する」とできる意志です。

無条件の力の長所は、条件など関係なく自信を持てることです。
欠点は、根拠を伴わないことです。

条件付き力と無条件の力の両方持っている

私たちは、条件付き力だけではなく、無条件の力も両方持っています。

地位が低かろうが、お金がなかろうが言いたいこという人はいますよね。

条件が伴っていなければ、自分の意見を主張してはいけないということではなくて、自分の思いや感性を表現するのは自由であり、私たちの権利でもあると思います。

条件付き力と無条件の力の融合

ここで大切なのは、条件付き力だけに頼るのではなく、また、無条件の力だけに偏るのではなく、条件付き力と無条件の力の融合です。

たとえば、自信がなければ、はじめは自信の源になるものを頼っていいと思います。
何か一つの分野で勉強してみて、自信を身につけます。
その分野で、勇気を出して自己主張してみます。

そうすると、自己主張の練習になり、別の分野でも自己主張ができるようになってくるでしょう。

もちろん、痛い目に遭うこともあると思いますが、それはしっかり癒して、糧とし、それでも前向きに意志を持っていけば、だんだんと強靭な意志になっていきます。

それは否定感や抵抗からくる頑固な意志ではなく、柔らかいけれども強靭な意志です。

そして、自分の感性や直感や思いに従って、特に根拠がなくても自己主張していくことも大事です。

意志や強さが課題の人は、自己主張する練習が必要ですね。

こういった経験を積んでいくと、意志や強さが育まれていきます。

思いやりと自己主張の融合ができるのが大人

もちろん、相手のことを考えずにただ自己主張すればよいわけではなくて、思いやりは当然大切です。
思いやりや共感、慈悲が課題の人は、他者主張を受け止める練習が必要でしょう。

思いやりと自己主張の融合が大事です。

これができるのが「大人」だと思います。

ただの自己主張は「子ども」に過ぎません。いくら身体が大人でも精神的には子どもですね。

自分が言いたいことを伝えるのに、相手を徹底的に批判するような伝え方もあれば、希望や前向きなエネルギーを与えるような伝え方もあります。

批判が必ずしもダメなわけではありません。
そこに思いやりがあるかどうかです。

相手のことを思いやったうえで、批判が適切だと判断して批判するのと、自分を認めさせるためやストレス発散のために批判するのでは、同じ批判でもエネルギーが変わってきます。

条件付き力と無条件の力の融合、そして、思いやりと自己主張の融合、それらがハートで生きるために大切なことだと実感しています。


★【無料オンライン講座】心の傷の癒し方動画を無料提供しています
★【ハートシフト・サイトオープン】ハートシフトのノウハウを新サイトで公開しています
★【メールマガジン】メルマガでは毎週金曜日にブログ記事とは異なる濃い情報を書いています。ぜひご登録ください!

※本を出版しました!
★【2019年9月発売開始】自分をダメ人間と責めることを終わりにするための本です!
「ダメ人間の終わり」

★【2019年9月発売開始】投影・ビリーフなどの心の仕組みを徹底解説しています!
「HSP・繊細な人が苦しみを楽にして自分らしく生きる方法」

★【Amazon販売中(2017年)】生きづらい人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

Kindle Unlimitedで上記3冊が無料で読めます!

下記の2冊はBCCKにて購入できます(2013年発行)
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

ABOUT ME
よっし~(西川佳宏)
よっし~(西川佳宏)
心理カウンセラー/セラピスト(東京・浅草橋)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.