引き寄せの法則の違和感

引き寄せの法則の応用テクニックで「すでにその状態が達成したかのようにふるまう」というのがあります。

「幸せになりたい」場合、幸せになりたいということは無意識では「今は幸せではない」という思いがあるということだから、幸せではないことが現実化される、と引き寄せの法則は説きます。
無意識の思い込みが現実になるからです。
そのため、「もう既に幸せだ」と言葉に出し、それをイメージすることで、それが現実化するといいます。
それが、「すでにその状態が達成したかのようにふるまう」ことの意義です。
幸せではなく、あらゆる成功もそう。
たとえば、お金持ちになりたい場合は、お金持ちであるかのようにふるまうということです。
なんらかのことで成功したければ、すでにそれがかなっているかのようにふるまうということです。

これは、自己啓発書でも結構書かれていて、願いがかなう究極のテクニック的な位置づけです。

ボクはこれに違和感を覚えます。
実現可能性が高いかどうかを問うているわけではありません。
理論的には実現可能性を大きく高めるのでしょう。
でも、何か嫌なのです。

幸せになりたいというのは当たり前の思いです。
幸せだと思っていないのに、今幸せだと無理やり思うことは、逆に無意識に抑圧しているような気がします。
無理やり演じて本当にそうなれるんでしょうか。

「今幸せではない」

この認識がはじめの一歩なのです。
これを認めないかぎり、変容は訪れません。
きちんとそれを認める。

すると、自然に「だから幸せになりたい」と思うはず。

そして、「幸せになろう」強く決意することが、幸せへの次の一歩だと思います。
その強い決意、コミットメントがあって、脳が幸せに結びつく手段をサーチし、一見偶然と思われるような出会いがあり、直感で感じたものに勇気を持って飛び込むことで幸せになれるのではないかと思います。

「幸せ」でなくとも「成功」でも同じことです。

無理やりなりたい境地を望みふるまうよりも、今の正直な心、感情をきちんと認めることのほうがボクはずっと大切だと思っています。
それがあったうえで、自分が理想とする境地をイメージするのなら大賛成です。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★【冊子版販売開始】生きづらいと感じている人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら