思い込みや思考にネガティブな感情がくっつくから、苦しみが大きくなる

このブログはまだそんなに読者の方が多くなく、一日に何十人かが読んでいるだけなのですが、とってもうれしいメッセージをもらうことがあります。
このブログを楽しみにしてくださっていることを聞くと、ブログを書いてきて本当によかったなと思います。
記事によっては、「私には当てはまらないな」とか「何か嫌な感じがする」と思う場合もあるかもしれません。でも、もしかしたら響く言葉があるかもしれません。
誰か一人が一回でも、ボクのブログが変容のきっかけになれば、それだけで満足です。
これからもボクのありったけの力を込めて、メッセージを発信し続けようと思います。

ボクも含め、多くの人が持っているネガティブな信念に、「私は分かってもらえない」というのがあります。
「私」に関するネガティブな信念なので「セルフイメージ」ですね。

「私は分かってもらえない」と思うと、分かってもらえない解釈をいろんなところでしてしまうというのはこれまでいろいろ説明してきました。動画でも本でも詳しく解説しています。もし、ここが分からない方は動画を見てくださいね。

「私は分かってもらえない」から「私は分かってもらえる」にセルフイメージを変えると、解釈がハッピーになるということを説明しました。

ただ、語弊があるのできちんと説明しなければいけないと思うのですが、これは分かりやすい説明のために言っていて実際には「私は分かってもらえない」というのがゼロになって、「私は分かってもらえる」というのが100になるというわけではありません。
「私は分かってもらえない」というセルフイメージはおそらくゼロにはなりません。
また、そこを目指すべきでもないと思います。

実はネガティブなセルフイメージはあってもいいんです。そして必ずあるものなんです。
ただ、そこに固執していると苦しいというだけです。
そのセルフイメージがパワーを持っているとすごく苦しくなります。
本当は単なる「思い込み」なんですよ。
でも、その思い込みを真実だと思っていると(これがパワーがあるということです)、投影が激しくなり、苦しいんです。
でも、その思い込みは真実ではないと知っていたとしたら、パワーを持たないんですよ。
だから、心の仕組みの知識があるだけで苦しみは違うんです。頭で分かっているだけでも違います。
そういう思い込みがあると自分で分かっていたら、客観視できて、パワーを弱めることができるんです。
そうなると、対して人生に影響を与えません。
だから、「私は分かってもらえない」というセルフイメージがあったとしても、まったく問題ないのです。

そして、誰しも分かってもらいたいですよね。知ってもらいたいし、理解してもらいたい。認めてほしい。
それは自然な感情です。
愛する人から、分かってもらえたと思うと、涙が出るほどうれしくなります。
逆に分かってもらえないと思うと、怒りや悲しみが出てきます。
当たり前の感情だと思うので、それを無理に抑える必要はないと思います。
分かってもらえないと思うと、「私は分かってもらえない」という思考が湧いてくることもあるでしょう。
でも、「私は分かってもらえない」という思い込みがあることを自覚していれば、そこで客観視できるんです。
だから、その思考に執着することはありません。

思い込みやセルフイメージにパワーを持たせているのは、感情です。
思考に感情がセットになったとき、それはパワフルになります。
ネガティブな思考にネガティブな感情がセットになると、思考にパワーを与えるので、それは人生に大きな影響を与えます。ネガティブな影響ですね。

だから、ネガティブな感情を解放する意義があります。思考にくっついているネガティブな感情を取れば、それは単なる思考になります。だから、大きな影響をもたらさないのです。
小さな影響をもたらすのは当たり前なので、それをなくそうとする努力は無駄です。
人間はポジティブな感情、ネガティブな感情の両方を必ず味わいます。

問題は、ネガティブな思い込みや思考が力を持ちすぎ、それに振りまわされる人生は苦しいという点です。
だから、カウンセリングやセラピーでそこを癒しましょうよというスタンスです。
振りまわされすぎることから、普通のレベルまで戻すということです。
決して、振りまわされないようになるのではないし、癒しはそこを目指しているのではありません。

今回の記事は、「私は分かっていない」という例で取り上げましたが、どんなセルフイメージであっても同じことです。
重要なのでまとめました。

①ネガティブなセルフイメージはあってもいい。
②ネガティブなセルフイメージはゼロにはならないし、それを目指すべきでもない。
③セルフイメージは単なる思い込み。その思い込みを真実だと信じているからパワーを持つ。
④セルフイメージにパワーを持たせているのは感情。
⑤セルフイメージにくっついている感情を取り除くと、パワーを失う(人生に影響を与えない)。
⑥カウンセリングやセラピーで必要以上にネガティブなパワーを持った思い込みをゆるめられる。
⑦それでも、人生においてネガティブに振り回されないということはありえない。
⑧しかし、思考に執着していなければ、ネガティブになってもすぐに偏った状態から戻れる。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

2 件のコメント

  • よっしーさん(*^_^*)

    私の事わかってもらいたい!!。。。だから他者の反応意識し、それに他者からの自分の評価=自分の価値をセッティングして、振り回されるのですよね(^^;)

    例え、他者から自分の事をわかってもらっいたとしてもそれはその人から見た自分の像であり、幻想でもある。

    逆のわかってもらえなくても、またしかり(^_^)v

    ほんとうは、その人の存在そのものが全てOKなんだけと。。。直ぐにザワザワエゴトークが始まるのです(笑)

    そんな私、やっかいやけど、可愛くもあり(^_-)-☆

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    selfcompass Reply:

    アシュタンギーニさん、おっしゃる通りです。
    他者から自分のことを分かってもらったというのも結局は自己像であり幻想ですね。
    そしてすべての人の存在がOKなんだけれども、この分離の世界ではOKじゃない自分がいる。
    これは当たり前の感覚で、そんな自分も「やっかいだけど可愛くもあり」と承認されているのが素晴らしいですね。
    こんなふうに自分を認められるととっても楽ですよね。

    そして他人から分かってもらえればやっぱりうれしいです。
    アシュタンギーニさんがブログ記事に共感してくださっているように。
    その当たり前の感覚があるからこの世は豊かなんでしょうね。

    返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    よっし~(西川佳宏)

    心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら