HSPだから人生が苦しいというのは間違い

下記の記事で書いたのは、「遅刻癖があることで人生が苦しい」というのは誤解で、工夫で対処できれば心地よく生きられるということです。

遅刻癖を克服、受け入れるにはどうすればいいか?

2018.02.10

これはあらゆる資質がそうです。

HSPもその一つで、これをまとめたのが「本当は傷つきやすい人たちへ」という本です。

HSPとは、Highly Sensitive Personの略で「敏感すぎる人」「高い感受性を持つ人」という意味です

HSPのクライアントさんのメッセージ

あるHSPのクライアントさん(Fさん)のメッセージを掲載します。
もちろん、本人の許可済です。

Fさんですが、HSPと言っても相当強いHSP気質で、このせいでかなり苦しんでいました。
HSPを徹底的に嫌い、鈍感であろうとがんばってきましたが、当然苦しむ一方です。
以前は「HSPを受け入れることなんて到底無理」とおっしゃっていましたが、このような変化がありました。

Fさん
昨年の最後のカウンセリングの後、
カウンセリングも効果が出ないようじゃ私はもうだめだな~って
HSPであることにすごい絶望して(せっかくカウンセリングしてくださったのにごめんなさい)

でもそこでガツンと落ち込んだのがよかったのか、
そこからHSPの自分が生きていくにはどうしたらよいのか、
もっとうまく感情をコントロールできたら、この敏感さは
自分の武器になるんじゃないかって思えるようになったんです。
すごくないですか!笑

今はずっとやりたかった地元のゴスペルクワイアのメンバーとして、
100人近いメンバーと共に目標に向かって練習をしたり、イベントに参加したり…。
笑って泣いて、とても楽しい時間を過ごしています。
どこかに所属したり人と関わることを避けていた自分が、こんなにもたくさんの人と関わり、
率先して行動を起こすようになるなんて思ってもいませんでした。
(HSSの資質もあってよかったと改めて思いました。感情は相当ジェットコースター状態でしたが…)

今回のことで実感しましたが、恐怖や不安をベースに生きないこと、
ハートに従って生きる生き方って本当に楽ですね。楽というか穏やかというか。
そのかわり好き嫌いがめちゃくちゃはっきりしちゃいましたけど、
好きも嫌いもわからなかった頃よりはずっと人間らしいかな、と思うようにしています。笑

今まで自信がつけば不安や恐怖は取り除けると思って、
勉強したり何か行動をしてみたりといろんなことをしてきましたが、
結局恐怖や不安から逃げるための行いは、すべて自分を苦しめていただけだったなと思います。
不安に対して何かすること自体が、自己否定になっていたんでしょうね。

今も私を取り巻く環境はほとんど変わっていませんが、以前に比べたらずっと居心地がよくなりました。
仕事も家族もプライベートも、これが本当に同じ場所?と思うくらい。

ちなみに悩みの中心にいた母との関係ですが、今はほどよい距離感で仲良くやっています。
(おかげさまで母の前でパニックになったり号泣することもなくなりました)
ハートに従うようになってから本当に自由に好き勝手やっているので、
そういうところに理解を示してくれる母にはもはや感謝しかないですm(__)m 

長々書いてしまってごめんなさい。
昨年のカウンセリング以降本当にいろんなことがあって、伝えたいことがありすぎて!

でも一番伝えたいのはやっぱり、ありがとうございました。これに尽きます。
よっしーさんのもとでカウンセリングを受けてよかったです。
たくさんのことを気づかせていただきありがとうございました。
今後少しでも多くの方が、恐怖や不安ベースではない本来の人生を歩めるよう願っています。

本当にありがとうございました。

補足、文中のHSSはHigh Sensation Seekingの略で「刺激を求める人」という意味です。

本当に素晴らしいなと思いました。

何が素晴らしいって、私のカウンセリングそのもので克服したわけではなく、Fさん本人の力でこの問題を乗り越えられたことです。

より本人の自信、自己肯定感がつくと思います。

そして、あれだけ敏感資質が受容できなかったのに武器とまで思えるようになったことは本当に素晴らしいとしか言いようがありません。

FさんはHSPのため、人との関わりを避けていたのですが、100人近いメンバーと関わって、笑って泣いて人生を楽しんでいることは、本当に驚きです。

そして、ボクが最も素晴らしいと思ったのが、Fさんがハートで生きており、その良さを実感できていることです。

もう、パーフェクトです!!!
言うことありません。

不安や恐怖から逃げても自分を苦しめるだけ

Fさんが文中で書いた言葉、

結局恐怖や不安から逃げるための行いは、すべて自分を苦しめていただけだったなと思います。
不安に対して何かすること自体が、自己否定になっていたんでしょうね。

まさにその通りです。
多くの人がこっちをやっているので、楽になる道があることをこのブログやカウンセリングを通じて説いています。

単純に言えば、恐怖や不安に向き合ってその誤解を解くこと。
自分のハートや素晴らしさを知ることに尽きます。

自分や自分の人生を過小評価してほしくないなぁと思います。
皆すごい可能性があります。

HSPだから人生が苦しくて、この資質を嫌っている人が大勢いらっしゃると思います。

でも、そうではないよということを伝えたくて、その体験をした方がいらっしゃるのでこのメッセージを公開したいとお願いしました。

HSPで悩んでいる方の励みになれば幸いです。


【お知らせ♪】
★【11月12月募集開始】ハートシフト・セミナー募集開始しました
★【セミナー動画プレゼント】メールマガジン登録でセミナー動画をプレゼント中
メルマガでは毎週金曜日にブログ記事とは異なる濃い(⁉)情報を書いています。ぜひご登録ください!
★【セミナー動画販売中】「自分に正直に生きる」
「人生の苦しみの原因をスピリチュアルで解き明かす 第二部」

※本を出版しました!
★【Amazon販売中】生きづらいと感じている人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

Kindle Unlimitedで「本当は傷つきやすい人たちへ」が無料で読めます!

★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

4 件のコメント

  • よっしー様、こんにちは。
    以前、HSP気質の人の人付き合い方法について
    メールを出したAMです。
    メールの返答ありがとうございました。
    前から興味を持っていた、コミュニケーションの講座を
    受けようと決心しました。

    子供の頃から感情を出すことが苦手で、嫌な出来事や
    失敗して恥をかいたりする度に我慢してしまい、
    ストレスが溜まっていきました。
    お笑い芸人や俳優さんなど、感情を自由自在に出している
    人が羨ましく思い、うまく自分を出せず自分の殻に閉じこ
    もってしまう自分が情けなく思ってしまいます。

    EFT以外に、運動やカラオケなど感情解放できる方法が
    ありましたら、ぜひ、教えていただきたいです。

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    よっし~(西川佳宏) Reply:

    AMさま

    こんにちは。よっし~です。

    コメントありがとうございます。
    コミュニケーションの講座を受けようと決心されたとのこと、よかったですね。

    ご質問への回答ですが、かなり文章が長くなってしまうため、ブログ記事での回答でもよろしいですか?
    その場合、コメント全文を引用させていただき、質問以外の文章についても私見を述べさせていただきますがよろしいでしょうか?

    よろしければ、時間が取れたときに記事に書かせていただきます。

    お返事いただければと存じます。
    どうぞよろしくお願いします。

    よっし~(西川佳宏)

    返信

  • 承知しました。
    名前はAMでお願いします。

    ご配慮いただき、ありがとうございます。

    返信

    よっし~(西川佳宏)

    よっし~(西川佳宏) Reply:

    AMさま

    ご返信ありがとうございます。
    時間はいつになるか分かりませんが、ブログ記事でご回答しますね。

    どうぞよろしくお願いします。

    よっし~(西川佳宏)

    返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

    ABOUTこの記事をかいた人

    よっし~(西川佳宏)

    心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら