二極の統合

前回のブログで、この世界は「善悪二元論」の世界だと説明しました。
ここでの「善悪」というのは、価値観によって決まります。
たとえば、「がんばらなければいけない」という価値観では、「がんばること」が善であり、「がんばらないこと」が悪になります。
価値観は人によって違うし、時と場合によっても変わってくるので、善悪というのは固定しているものではありません。

また、善も悪もそれぞれが単独だけで存在できるものではなく、両方必要なものです。
コインの表裏の関係です。
両方を統合したとき、両方ともにとらわれなくなります。

この世では対極を必要とします。
たとえば、「生と死」「プラスとマイナス」「N極とS極」「北と南」「東と西」「陰と陽」「夏と冬」「強と弱」「男と女」「西洋と東洋」「白と黒」「正と負」「戦争と平和」…など二極がありますが、それぞれ、片一方だけでは成り立ちません。片方があるから、もう一方があるのです。

生は対極が必要ですが、ボクたちはどうしても片方だけを目指そうとします。
「健康と病気」、「美しさと醜さ」、「成功と失敗」、「快感と痛み」、「至福と苦しみ」、いずれもポジティブの側を善いとします。
でも、両方あるからこの世の中は豊かになっているんです。
病気や醜さや失敗や痛みや苦しみがあるから、人生に緊張が起こります。
その緊張がなければ、生に喜びは起こりません。
善だけならこの世はずっと色あせたものになるでしょう。

人間は、この世界の縮図です。
この世と同じように、対極が存在します。
そして、すべてを備えています。
「明るさや暗さ」「がんばりとダラダラ」「強さと弱さ」「謙虚と傲慢」「真面目と不真面目」「自立と依存」「頑固と素直」「温厚と冷酷」…たくさんあります。
人は両方すべてを備えています。
欠けることがない自分であることに気づいたとき、二極の統合が起こります。
すると、生の豊かさをより実感できるようになります。

ボクは、ずっと欠点を克服しよう、長所を伸ばそうとがんばってきました。
もちろんそれも大事なことです。
でも、心の仕組みを勉強して、自分の嫌な部分を受け入れることを学びました。
受け入れれば受け入れるほど、自分が好きになり、世界が豊かなものに見えてきました。

この世は二極の価値を学べる最高の舞台だと思います。
ボクもカウンセラーとして、皆さんの二極の統合を精一杯サポートします。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★【冊子版販売開始】生きづらいと感じている人が心地よく生きられる秘訣満載です!
「本当は傷つきやすい人たちへ」

★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら