あなたがネガティブな自分を手放せない理由

ボクは昔、大のカープファンでした。

一番ピークだったのが、1991年、もう今から23年も前のことになります。
広島東洋カープが優勝した年です。

このころは、カープの試合は毎回応援していました。
テレビがあればもちろん、そのあとはラジオ中継を聞いて応援していました。
また、勝った日は全スポーツニュースを見ていました。

20110419_Kenta_Maeda,_pitcher_of_the_Hiroshima_Toyo_Carp,_at_Yokohama_Stadium
勝ったときはものすごいテンションが上がり、負けたときはものすごいショックでした。

ストッパーの大野豊選手のファンで、当時14試合連続セーブの日本記録更新中で、15試合目の抑えで巨人のブラッドリーにサヨナラホームランを打たれたときのことは今でも覚えています。
ラジオで聞きながらボー然となりました。
本当にショックでした。

その年以来、カープは優勝には無縁で、ボクもいつの間にか熱が冷めていきました。

もう何年もカープの試合を見ておらず、今はほとんどのカープ選手の顔さえ知りません。

なぜ、この話を出したかというと、カープの調子が今年は良かったとかクライマックスシリーズで敗退したとかそういうことではありません。

うれしさと悔しさってある意味表裏一体なんです。

今はカープが負けてもほとんどショックはありません。
勝ったのを見るとうれしいですが、そこまでうれしいわけではありません。

うれしさとショックには、執着の度合いが大きく影響しているんです。

なので、執着自体は別に悪いことではありません。
ショックも大きいですが、その分喜びも大きいのです。

なので、何でもかんでもネガティブなものを取り除けばいいというものではありません。

ポジティブとネガティブは表裏一体であり、両方あるのが当たり前なのです。

そこをきちんと踏まえたうえで、執着が苦しみを生んでいる構図も理解する必要があります。

昔、ボクがカープの勝敗に一喜一憂していたときは、カープとまさに同化していました。

まあ、スポーツであれば、そうデメリットがないかもしれません。

でも、パートナーであればどうでしょう?

あまりに執着が強すぎると、相手のことをすごく気にしすぎてしまい、相手に振り回されます。

フラれたときのショックは計り知れないでしょう。

仕事の場合はどうでしょう?

生きがいになる半面、世界がそれだけになってしまい、うまくいっていないときの苦しみはとてつもないものになるでしょう。

バランスが必要です。
過度な執着は、メリットよりもデメリットの方が大きくなりがちなので、緩めることも必要でしょう。

また、自分以外との同化は、自分がコントロールできないものとの同化なのでストレスがたまりやすくなります。
ここに気づいていないと、境界線越えの苦しみを味わうことになります。
子どもの人生との同化とか。

ただ、執着、同化は、そこに何かひきつけるものがあるから起こります。

好きなスポーツとかパートナーとか仕事だと分かりやすいですね。

でも、一見理解しにくいものでも構図は同じです。

たとえば、ネガティブな自分に執着、同化することも。

これは、メリットよりもデメリットの方がはるかに大きくなります。

でも、何らかのひきつけるものがあるから、執着しているんですね。

それは何でしょう?

それこそ、あなたがネガティブな自分を手放せない理由です。


【お知らせ♪】
★【満員募集終了】パートナーシップ問題の真の意味を理解するセミナー
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら