わかってほしいという欲求を自分で満たせば楽になる

thum_image

私たちは誰でも「わかってほしい」という欲求を持っています。
私のがんばりや価値観をわかってほしいと思っています。
だから、相手がわかってくれないときは寂しさや悲しみを感じ、わかってくれない相手に対して怒りを覚えます。
ケンカや争いごとの原因の多くはここに原因があるように感じます。

私たちは実はわかってほしいだけなんです。実際に要求していることを実行してもらう(たとえば母親に優しい行動をとってもらう)よりもわかってもらうことのほうが大事です。
そして、わかってもらえれば満足するのです。
だから、相手の行動が直らなくてもカウンセリングだけで不満が解決するんですね。

私がマトリックスでやっていることをごく単純に言えば、今の自分が、傷ついている過去の自分をタッピングで癒すということをやっています。
そこで、傷ついていた過去の自分の気持ちに十分寄り添ってあげます。すると、過去の自分はスッキリしてネガティブな感情がなくなり、結果としてそのときに作られたネガティブなビリーフがなくなるのです。
だから、カウンセラーのボクが癒しているわけではないのです。あくまでクライアントさんが自分自身を癒しているだけで、ボクはそのやり方のサポートをしているだけなので、実は何もやってないというか、やっていることはただ手順通りに横で誘導しているだけです。
ボクが癒しやヒーリングをしているわけではありません。だからホント一つもたいしたことをやっていません(^_^;)
でも、もしボクが癒しをしているとクライアントさんはボクに依存してしまいます。自分で自分を癒せると体感することこそ、自分を信頼するためのとても重要なことだと思っています。
そういう点でマトリックスというテクニックはとってもボク好みです。だから他のテクニックに浮気をしないのかもしれませんね。

1aab24dd684e2aff1470248215fab111_s話を元に戻すと、傷ついた過去の自分に寄り添ってあげれば、過去の問題は解決します。
今の問題のほとんどは過去の問題が未解決であることが原因です。
だから、過去の問題が解決すると今の問題も片づきます。

ネガティブな感情があるとき、誰かに共感してもらうとすごくうれしいですよね。
誰かとケンカをしたとき、別の友達に自分の言い分を全面的に共感してもらえればとってもうれしくなります。
それは、わかってもらえたという感覚が満たされるからです。
それで、他人に、特に親しい人には特に、共感してもらいたいのです。
でも、本当はわかってもらいたいのは他人ではなく、自分自身なのです。自分が自分のことを認めてあげられれば他人が認めてなくてもOKなのです。

だから、自分の身体の感覚を感じながら、そこにある声を感じ、その声に寄り添ってあげれば、それだけで癒されるんですね。
自分が自分のことをわかってあげられれば、わかってもらえないという不満はグッと少なくなりますよ。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら