ネガティブな感情や思考の取り方(心のお掃除の仕方)

thum_image

前回のブログは好評で、よいたとえだというお言葉をいくつかいただきました。
友人のカウンセラー大貫めぐみさんがブログで紹介してくださいました。ありがとうございます。

少し補足したいのですが、ゴミ掃除というといらないものを捨てるって感じですよね。
でも歯磨きやお風呂は、磨く、擦るって感じです。
掃除の仕方はどれもやり方が一緒ではなく、モノによって違います。
心の場合は、「いらないもの出てけ~」って感じではお掃除できないんです。
ここが、部屋掃除と区別したほうがいい点ですね。

心の場合は、部屋掃除よりも複雑で、ネガティブな感情は「小さな子ども」みたいな感じです。
かなりデリケートに扱わなければいけません。
「出てけ」と言うと、「嫌だ嫌だ~」って泣き叫びます。もっと主張してきます。
わがままで言うこと聞いてくれないし、すねるし、扱いが大変です。
だから、優しく取り扱わなければいけません。

「分かってるよ。キミがいるのは分かってるよ。いてくれてありがとね。メッセージを伝えてくれてありがとね。キミがつらい気持ちはよく分かるよ。苦しいよね。嫌だよね…」

そんな感じでネガティブな感情や感覚に寄り添ってあげることが大切です。
そうすると、おとなしくなるのです。小さな子どもが「分かってもらえた」と思い、安心して一人で遊んだり、ぐっすり眠るのです。

このマインドセット(心のあり方)がすごく大切です。
EFTをやるときも、「嫌な感情出てけ~」ってやらないでくださいね。
子どもだから余計泣き叫びます。ずっとやっちゃうとすねちゃったり、ひねくれちゃったりして、ますます扱いづらくなります。
共感してあげながらタッピングしてあげてください。タッピングではなくても、思い(波動)を伝えてポイントをやさしく触るだけで十分です。
EFTが効かないという方の中には、結構タッピングを強くやっている方がおられます。「嫌な感情出てけ」って強く叩いていると、感情は解放されません。本質は叩くことではなくマインドセットです。テクニックよりも心のあり方のほうが何倍も大事です!

ネガティブな感情はデリケートに取り扱わないといけないので、結構めんどくさいです。でもそういうものなので、楽しみながらお掃除してください。感謝して、もう不要だから、手放す。その繰り返しです。
どうせずっとお掃除やり続けなければいけないのなら、楽しくお掃除したいですね。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら