自分らしく生きるとは

ボクの仕事の理念は「悩み・不満・苦しみを持つ人にもっと心地よい自分になれるサポートをする」ことですが、心地よい自分とは「ありのままの自分であることに何の心理的葛藤もない人」と定義しています。
ありのままの自分であるとき、自分らしく生きることができます。

よく、「自分らしさ」って言いますが、自分らしさって何でしょうか?
「自分らしく生きる」ってどういう状態でしょうか?

827d19370decea83764c6987f7d04708_s
いろんな定義があると思いますが、ボクは心理学者のブレネー・ブラウンの定義が気に入っています。
『「ネガティブな感情」の魔法』で彼女はこう述べています。

「自分らしく生きるには、それ(※犠牲もいとわず一生懸命働き、ルールに従い、何事もきちんとやり遂げ、常に自分自身を理解するよう努力し、教科書どおりに子どもを育て……ずっと自分が「正しい生き方をしている」と心から信じている)よりもはるかに大切なことがありました――それは、明るいところも暗いところも含めて、自分自身をありのままに愛することだったのです」

自分自身をありのままに愛するとき、自分らしく生きることになるのです。
では、ありのままの自分になるためにはどうしたらよいのでしょうか。
ブレネー・ブラウンはこう述べています。

●自分の「境界線」を決め(「これはできるけど、それはできない」という線引き)、自分の欠点と弱さを受け入れる勇気を持つ
●人はみんな、強さを持ちながら苦戦していることを認識し、思いやりを身につける
●自分は今のままで十分だと信じ、その信念によってのみ得られる思いやりや信頼関係を育む

境界線については、オンライン無料講座の第3回で丁寧に説明していますので、ぜひ見ていただきたいと思います。
ありのままの自分を受け入れるとは、「なるべき自分」を目指すことではありません。今、そのままのあなたをそのまま受け入れることです。
本当は何も欠けているところはありません。強さも弱さも今この瞬間、同じだけあります。
どんな人だって同じです。
そのままの自分にOKを出せれば、何も変わる必要がないことに気づきます。変わる必要がないから、何もしなくなるというわけでは決してありません。
ただ、やりたいこと、すべきことを淡々とできるようになります。
自分らしく生きる人がたくさんいる世の中になりますように。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら