ネガティブの良さを知ること

ブログ記事「ポジティブもネガティブも避けられない」では、ポジティブとネガティブはコインの両面でネガティブを避けることはできないことを触れました。

これは、
「ポジティブという目的を達成するために、ネガティブを受け入れることが重要だ」
「ネガティブを受け入れれば、結果的にポジティブになれるから、そうした方がいいよ」
ということとは全く違います。

それでは真の意味でネガティブを受け入れることができません。

ネガティブもポジティブ同様価値があるものなんです。
そこを知る必要があります。

ネガティブの中に美を発見できれば素晴らしいですね。
ぜひ、ネガティブの美、ネガティブが持つそれ自体の美しさを発見してみてください。

暗闇の中の光だけが美しいわけではなく、暗闇そのものもまた美しいのです。

その美しさに気づくとき、光も闇もコインそのものであったことが分かるでしょう。

shutterstock_71591125
そこに気づくには、ネガティブの言い分もちゃんと聞いてあげてください。
ネガティブの言い分を排除しないで、ただ聞いてあげる。受け止めてあげる。

そして、ネガティブ自体をただ感じてあげる。
そのエネルギーをただ味わってあげる。

そうすれば、きっと分かります。

セッションでは、排除したいと思っているネガティブな感覚を感じていきます。
たとえば、孤独感だったとしましょう。
その場合は、その孤独感を感じてもらいます。

孤独感を感じてもらうと、しばしばイメージや記憶が出てきます。

特定の記憶がある場合もあれば、単にうずくまっている子どもであったりします。
自分ではないイメージだったりすることもあります。
それは過去生と捉えられるかもしれません。

イメージの中身は正直どうでもいいんです。
孤独感の象徴としてイメージをでっち上げているにすぎません。

大事なのは、そのストーリーよりもそれが持っているメッセージ、言い分です。
それが潜在意識の奥深くにある「思い」や「感情」です。

そこをちゃんと聞いてあげること。
子どものイメージであれば、対話し、言い分をただ聞いてあげること。
自分の価値観でジャッジしたり、ポジティブな方向に持っていこうとコントロールせずに、ただひたすら話を聞いてあげて寄り添ってあげること。

そしてその感覚を十分感じてあげるんです。

すると…

どうなるかは体験してみてくださいね。
ちなみにどうなるかは人によって違うオリジナルな経験です。

ポジティブがいいってわけではないんです。
今はネガティブが押し寄せているのであれば、そこを味わいたいのかもしれません。

陰陽が統合されたとき、あなたはもっともっと自分らしく羽ばたけるはず。
そんなサポートをこれからも提供していこうと思います。


【お知らせ♪】
★【無料オンライン講座】人間関係が楽になり心地よい自分でいられる講座
★【不安障害克服専門サイト】不安障害(対人恐怖症、強迫性障害、パニック障害、トラウマなど)

※本を出版しました!
★引き寄せの法則や心の仕組みが詳しく理解できます!
「願いがかなわなくても幸せになれる」

★人間関係の悩みの心理メカニズムと解決策をズバリ書いています!
「恋愛・職場の人間関係が驚くほどうまくいく」


人気ブログランキング
もし、記事が役に立ったならばクリックいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よっし~(西川佳宏)

心理カウンセラー/セラピスト(東京・新宿)。「心地よく、自分らしく、生きる」ためのサポートを提供。得意分野は人間関係の悩み、対人恐怖の悩み、感情・自己否定・マイナス思考の悩み、不安・恐怖の悩み。柔らかな雰囲気に加え、こころの悩みの本質をやさしく説明するのが得意。プロフィールの詳細はこちら